Microsoftの決算はAzureの大成長もあり予想以上に好調、しかし株価は横ばい

次の記事

SpaceXがStarlinkアプリをローンチ、ベータテスターに月額約1万円の参加費用とサービス内容を公開

米国時間10月27日の取引終了後、Microsoft(マイクロソフト)が、同社の会計年度では2021年第1四半期に該当する2020年第三四半期の決算報告を発表した。2020年9月30日に終わる3カ月でマイクロソフトの売上は372億ドル(約3兆8800億円)、1株あたり利益は1.82ドル(約189.9円)だった。

アナリストの予想では、同社の売上は357億2000万ドル(約3兆7300億円)、1株あたり利益は1.54ドル(約160.7円)だった。

予想を上回る結果の後にもかかわらず、同社の株価は実質的にフラットで、時間外取引では小数点以下の上げがあっただけだ。マイクロソフトの午後の取引では2%弱のアップだったが、やや不均一な市場でもあった。

マイクロソフトが株価を上げた要因としては、Azureのアップデートが不可欠だった。マイクロソフト自身は次のように述べている。

サーバープロダクトとクラウドサービスの売上が、Azureの売上増48%(実質ベースで47%)に押されて22%(実質ベースで21%)増加した。

投資家心理としては40%台の下の方を期待していたようで、Azureの結果はそれと比べても強かった。

Azureが含まれるカテゴリーは「Intelligent Cloud」と呼ばれ、売上は130億ドル(約1兆3600億円)で前年同期比20%の増となった。これはマイクロソフトの三大カテゴリーの中では最も優秀で、OfficeとLinkedInが大きい「Productivity and Business Processes」(生産性とビジネスプロセス)が売上123億ドル(約1兆2800億円)で11%増、WindowsとXboxが鎮座する「More Personal Computing」(その他のパーソナルコンピューティング)は売上118億ドル(約1兆2300億円)で6%増だった。

決算報告の聴衆に紛れ込んだ財務オタクである私は、読者のお楽しみのために以下の表を掲載する。

決算報告をざっと見て、他に目立つ特徴は次のとおりだ。

  • Surfaceの売上が良くて、前年同期比で37%の増。
  • Bingの売上は下降。同社によると、トラフィック取得費用を除いた後の検索広告の売上は10%減った。
  • 商用クラウドの売上は152億ドル(約1兆5800億円)で前年同期比31%増。
  • LinkedInは四半期売上が16%増加した。
  • ゲームの売上は前年同期比22%増。
  • 消費者PCの需要によりProでないWindows OEMの売上が、前年同期比で31%増加した。Pro向けのWindows OEMは22%減少。OEM全体としては5%の減となった。

次期(現四半期)の1株あたり利益のアナリスト予想は売上は404億ドル(約4兆2100億円)、1株あたり利益は1.60ドル(約166.8円)だ。同社自身の予想は、決算報告で発表される。

【アップデート】マイクロソフトのIRチームのMike Spencer(マイク・スペンサー)氏から連絡があり、今回の結果についてチャットした。新型コロナウイルス関連で広告収入の落ち込みについて尋ねたら、スペンサー氏はBingもLinkedInも初期の落ち込みからは回復したと話した。いずれも同社の期待を上回ったという。前年同期比ではもちろん、LinkedInがBingより好成績だが、予想を上回ったこと自体は良い。Bingの数字は、Google(グーグル)にとって何を意味するだろうか。

スペンサー氏は、社内と社外の予想が出る前から、Azureの数字を期待していた。ProでないWindows OEMについても、注目すべき数字だという。まさに、そのとおりだ。Azureの数字は、マイクロソフトがAmazon(アマゾン)やグーグルに善戦していることを示す。後者の消費者用PCの伸びは、家に足止めを食らっている子どもたちのために買うコンピュータは、Chromebookだけではない、ということだ。

カテゴリー:ニュース
タグ:Microsoft決算発表

画像クレジット:TechCrunch

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa