Mophie(企業)

Mophieがスマホの背面に付けるモジュールタイプのワイヤレスバッテリーを発売

次の記事

太陽光発電の製造技術を向上させるLeading Edge Equipmentが約8億円調達、2021年に商品化へ

Mophieは長年バッテリーケースのメーカーだったが、いまではZaggやBraven、iFrogzそれにInvisibleShieldなどと並ぶ各種スマートフォンアクセサリーの企業になっている。同社の新製品Juice Pack Connectは、充電器、バッテリーカテゴリーのアクセサリーだが、モジュールタイプでバッテリーパックを滑らせて取り付けることができる。

価格は80ドル(約8400円)で、5400mAhのバッテリーとスマートフォンを支えるリング状のスタンドが付属する。今後、追加モデルが出ることもあるだろうが、現状における最大のセールスポイントはアドオンというよりも、不要なときにこのバッテリーパックをケースから外せることだ。

画像クレジット:Mophie

以前、OtterBoxItのuniVERSEケースという同様のモジュールタイプの製品があったが、Juice Pack Connectは標準規格Qiを採用し、バッテリーをスマートフォンのポートに接続しなくてもQiで充電できるという大きな利点がある。

Mophieの製品は、決して安価ではない。また本製品はMagSafe対応していない。その代わり、アドオンのバッテリーは粘着剤でケースに取り付ける(ケースは充電が可能な十分薄いものである必要がある)。利点は多くの種類のスマートフォンで利用できることで、複数世代のiPhoneや、Samsung(サムスン)のGalaxyシリーズ、Google(グーグル)のPixelシリーズなど、ワイヤレス充電対応のモデルであればOKだ。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:MophieバッテリースマートフォンQi

画像クレジット:Mophie

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa