Sansanのオンライン名刺がMS Teamsと連携、カレンダー機能から名刺交換を実行可能に

次の記事

暗号通貨詐欺師がトランプ大統領の選挙事務所ウェブサイトをハッキング

Sansanは10月28日、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」のオンライン名刺機能がMicrosoft Teams(Teams)と機能連携したと発表した。

Teamsユーザーは、同サービスのカレンダー機能からSansanのオンライン名刺を送信可能となり、オンライン商談やミーティングの前にオンライン名刺交換を実行できる。

Sansanは、社内外とのコラボレーションに強みを持つTeamsと、オンライン上で誰とでもシームレスな名刺交換が可能なSansanのオンライン名刺が連携することで、多くのビジネスパーソンがこれまでと変わらない働き方が実現できると考え、機能連携にいったという。

Teamsユーザーは、Teamsのカレンダー上から、社外とのミーティング予定を抽出可能。「社外との予定」から、オンライン名刺を送信していない相手や、一度オンライン名刺を送ったものの、参加者が変更され、再送の必要がある相手を抽出できる。

Sansanのオンライン名刺がMS Teamsと連携、カレンダー機能から名刺交換を実行可能に

また、社外出席者を選択し、自分および同僚のオンライン名刺を送信可能。その際に、オンライン名刺を設定していない同僚には、リマインドの連絡を送れるようになっている。オンライン名刺送信企業が複数いる場合でも、同時に送ることができる。

Sansanのオンライン名刺がMS Teamsと連携、カレンダー機能から名刺交換を実行可能に

オンライン名刺送信画面では、オンライン名刺の送信相手と、送信するオンライン名刺を確認したのち、オンライン名刺を送信できる。オンライン名刺は、Sansanのメールアドレスから、Eメール形式で送信相手のメールアドレスに届く。

Sansanのオンライン名刺がMS Teamsと連携、カレンダー機能から名刺交換を実行可能に

関連記事
日程調整自動化のwaaq LinkがWebhookやSlackとの通知・連携機能を公開、Teams対応予定
資生堂がMS TeamsやZOOMで最新メイクを楽しめるARフィルター提供、カメラアプリ「Snap Camera」経由
マイクロソフトがTeamsに小会議室、カスタムレイアウト、仮想通勤などの新機能を追加
Sansanがログミーの子会社化を発表、オンラインイベント「Meets」とのシナジー効果を目指す
3000社導入のクラウド受付システム「RECEPTIONIST」がMicrosoft 365との連携強化
名刺管理ツールのSansanが東証マザーズ上場、2日目午前の最高値は5890円、終値は前日より10円高の5470円

カテゴリー:ネットサービス
タグ:SansanMicrosoft Teams日本