CorsairがiPhoneやiPadをウェブカメラに変えるアプリのEpocCamを買収

次の記事

個人農家向け栽培管理アプリ「アグリハブ」がJA全農「Z-GIS」向けサービス開始

Corsair Gaming(コルセア・ゲーミング)は米国時間10月29日、社名を冠したiOSソフトウェアを開発したEpocCam(エポックカム)を買収したと発表した(GlobeNewswire記事)。なぜゲーム企業が2020年にそうした企業の買収に関心を示したのかについては想像に難くない。新型コロナウイルスのパンデミックにより世界中でリモートワークが増え、その結果、多くの人がこれまでになくビデオ会議をしている。

EpocCamのアプリはiPadやiPhoneを、macOSとWindows PCのためのウェブカメラに変えるものだ。このソフトウェアはZoom(ズーム)、Skype(スカイプ)、Google Meet(グーグルミート)、Microsoft Teams(マイクロソフト・チームズ)など数多くの人気ビデオ会議アプリで使える。

今回の買収で、EpocCamブランドはCorsairのElgato傘下に入る。Corsairは自社のゲーミングブランドを2018年半ばに買収した。これによりElgatoの残りはEve Systemにブランド名を変えた。Eve Systemはスマートホームとホームオートメーションにフォーカスしていた。

デスクトップパソコンにはビルトインされたウェブカメラを備えていないモデルもあるが、iPhoneは大きな進化を遂げてきた。ゆえに、iPhoneの映像パワーを利用するというのは理に適っている。もちろん、EpocCamがゲーミングブランドの所有となることで、ビデオゲームのライブストリーミングが今後存在感を増すようになるのは明らかだ。

EpocCamは既存プロダクトに統合されるなど、すでにElgatoブランドでリローンチされた。同社は更なる発表についても「すでに準備中」だとしている。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:CorsairEpocCam買収

画像クレジット:EpocCam

原文へ

(翻訳:Mizoguchi