2020年のApple第4四半期決算がいつもと違う理由

次の記事

Spotifyの月間アクティブユーザーが3.2億人超え、ロシアマーケットが貢献

米国時間10月29日、Apple(アップル)は第4四半期決算で予測を上回る成果を報告したが株価は下がり、それは投資家が期待以下だったiPhone売上を懸念したためだった。本稿執筆時点で時間外取引の株価は約5%安だ。

ささやかな予測超えだった。アップルの売上647億ドル(約6兆7600億円)はウォール街予測の637億ドル(約6兆6500億円)を上回り、1株あたり利益も0.73ドル(約76.25円)で予測の0.70ドル(約73.21円)を超えた。アップルはサービスおよびMac部門で史上最高を達成したが、iPhoneの売上は対前年比20%減だった。

一般に、アップルの第4四半期は新型iPhone発売後最初の数日間の売上でちょっとしたピークを迎えるが、2020年は発売が数週間遅れたため、新機種は第4四半期に入り込むチャンスを逃しホリデー四半期である第1四半期にすべてまとまることになった。

iPhone 11とiPhone 11 Proは2019年9月20日に発売されたのに対して、2020年のiPhone 12の発売日は1カ月以上後の10月23日で、iPhone 12 Proはまだ発売されておらず11月13日の予定だ。

さらに気になるのは、この遅れが会社全体の製品発売スケジュールに影響を与えるかどうかだ。果たしてiPhone 12とiPhone 12 Proは、かつての機種よりも短いライフサイクルを過ごすのか、それとも10月、11月が今後同社の新しい新発売時期になるのだろうか?

iPhone以外の数字を見ると、アップルは第4四半期に90億3000万ドル(約9400億円)のMacを販売し、iPadを68億ドル(約7100億円)、ウェアラブルなどで78億7000万ドル(約8200億円)、サービスで145億5000万ドル(約1兆5200億円)をそれぞれ売上げた。これはアップルのサービス売上がiPhoneの売上に最も近づいた四半期であるのは興味深い。サービス売上はiPhone売上の半分強まで届いた。2019年は1/3の方が近かった。

次は売上の点で大きな四半期になることが予想されるが、投資家は第4四半期の結果にはあまり惹かれていないようだ。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleiPhone決算発表

画像クレジット:Apple

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook