マイベストがZホールディングスと資本業務提携、ヤフーとの事業連携はじめグループの総合力を活用

次の記事

高収入の外国人向け賃貸仲介・代理保証・生活支援の「AtHearth」が累計8100万円を調達

マイベストは10月30日、Zホールディングスとの資本業務提携を発表した。今回の提携により、Zホールディングス傘下のヤフーとの事業連携をはじめ、グループの総合力を活用することで、飛躍的なサービスの展開が可能になると考えているとした。

マイベストは今後も「ユーザーの生活を豊かにする」というビジョンのもと、「世界中の人が何かを選ぶときに必ず使うようなサービス」を作ることに挑戦し、ユーザー体験の向上に努めていく。

マイベストはおすすめ情報サービス「mybest」を開発・運営。

同サービスは、ECサイトなどで商品を購入する際に「何を選んだらいいのかわからない」というユーザーの課題解決を目指したもの。徹底した自社検証と専門家の声をもとに、日用品からコスメ・家電・食品までオールジャンルの商品を紹介、コンテンツ拡充に取り組んでいる。

2016年のサービス開始から、約4年間で月間利用ユーザー数は2500万人を超え、同領域において国内最大級のサービスに成長。日本のみならず海外10カ国に展開している。

関連記事
ZホールディングスおよびZフィナンシャルが金融サービスを「PayPay」ブランドに統一
ヤフーとLINEが統合合意を正式発表

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Zホールディングスマイベスト日本