みずほ銀行
トヨタ自動車(企業)
SDGs(用語)

スパークス、トヨタ、メガバンク3行が国内モノづくり企業対象の新ファンドで合意、12月初旬設立目指す

次の記事

暗号資産・ブロックチェーン業界の最新1週間(2020.10.25~10.31)

スパークス・グループトヨタ自動車三井住友銀行三菱UFJ銀行みずほ銀行の5社は11月2日、新ファンド設立に向け覚書に調印したと発表した。同ファンドは、国内のモノづくり企業が投資対象。今後5社で、出資規模・その他の出資者・投資対象などの詳細な検討を進め、12月初旬のファンド設立を目指す。

同ファンドでは、優れた技術・人財を有する企業を、TPS(トヨタ生産方式)や経営戦略の策定などにより支援。企業の持続的な成長を通じて、日本のモノづくりの発展に寄与することを主たる目的とする。

これは、「働きがいも経済成長も」(Decent Work and Economic Growth)、「産業と技術革新の基盤をつくろう」(Industry, Innovation and Infrastructure)など国際社会が取り組んでいるSDGs(持続可能な開発目標)の目標にも合致するもので、新型コロナウィルスの影響が長期化する厳しい環境下、日本のモノづくりの競争力向上を通じて社会に貢献する。

関連記事
ジェネシア・ベンチャーズがシード・アーリーステージに特化した2号ファンドを設立、ファンド規模は約80億円
エースタートが宇宙特化型「スペーステック2号ファンド」を運用開始、ファンド規模は38億円
DRONE FUNDが目標調達額100億円とする3号ファンドからの新規投資活動を順次開始
kemuri venturesがフードテック特化型「食の未来ファンド」設立、ファンド規模は総額10~30億円
DNX Venturesが日米のB2B新興企業を対象に約330億円の3号ファンドを組成
ミクシィがエンタメ業界のDX推進ファンド設立、1号ファンドは最大30億円予定
インキュベイトファンドが機関投資家を中心に過去最大250億円規模の5号ファンドを組成
エン・ジャパンが中小企業のDX化に向け100億円規模のスタートアップ投資を発表
元Salesforce Ventures浅田氏が独立系VCのOne Capital設立、1号ファンドは50億円規模でスタート

カテゴリー: VC / エンジェル
タグ: SDGs(用語)スパークス・グループトヨタ自動車みずほ銀行三井住友銀行三菱UFJ銀行日本