ソフトウェア
Ushur(企業)
資金調達(用語)

顧客とのコミュニケーションフローを構築するノーコードプラットフォームのUshurが26億円調達

次の記事

スペインのAll Iron Venturesが約82億円の初ファンドをクローズ

ノーコードはエンタープライズソフトウェアの一角を占めている(未訳記事)。コーディングなしで独自のAIベースの顧客コミュニケーションフローを作成できるプラットフォームを開発したUshur(アッシャー)というスタートアップが成長の燃料となる資金の調達を発表した。

同社は、アクティビスト投資家でヘッジファンドの大物であるDaniel Loeb(ダニエル・ローブ)氏が設立し運営するファンドであるThird Point VenturesがリードしたシリーズBラウンドの資金調達で2500万ドル(約26億円)を獲得し、既存の投資家でJoe Lonsdale(ジョー・ロンズデール)氏のファンドである8VC参加した。Ushurの調達総額は3600万ドル(約38億円)になった。

Ushurは同社のバリュエーションを開示していないが、急速に成長している。同社は現在、保険セクター(顧客との会話や会話中にデータを収集することに関しては大きなセクター)に力を入れており、ユーザーとしてAetna、Irish Life、Tower Insurance、Unumを抱える。同社はチャットボット(Ushurはバーチャル・カスタマー・アシスタントと呼ぶ)、自動化された電子メール応答フロー(ブランド名はSmartMail)、カスタマーサービスエージェントが迅速にサービスを提供するためのツール(FlowBuilder)を開発している。Slack、ServiceNow、Salesforce、Jiraへ統合するAPIを必要とするユーザー向けに用意しており、英語だけでなく60の言語で動作する。

現在、金融サービス会社や通信会社もターゲットにしており、新型コロナウイルスのパンデミックの間に需要が増加したため、販売とマーケティング機能を拡大し、ビジネスを成長させ続けるために資金を使用する予定だと創業者でCEOのSimha Sadasiva(シンハ・サダシバ)氏はインタビューで語った。

eコマースやその他のオンライン企業だけでなく、すべての企業が顧客とのバーチャルなやりとりに多く直面しており、Ushurのようなソリューションを使うようになった。

これは「テクノロジー」を中核に据えていない企業で特に当てはまる。そうした企業ではテクノロジーを基盤にしたサービスをゼロから構築して実行する社内の人材やその他のリソースが不足していることがある。同時に、そうしたサービスを実装するサードパーティーとの連携にかかるコスト(および時間)が不要なソリューションも探している。これはRPA(ロボットによるプロセス自動化)ソリューションに関していえる、とサダシバ氏はいう。RPAでは、ソフトウェアを制作および実装するために、通常は技術的な専門知識またはシステムインテグレーターを必要とする。

「ノーコード」と入力して欲しい。これはソリューション、実際にはソフトウェアプラットフォームだが、裏であらゆるコーディングが支えている。ユーザーがプログラムをまとめたり、データベースにクエリを実行したり、知識を必要とせずに計算を実行したりできる、使いやすいインターフェイスを前面に出している。コーディングレベルでどうすれば良いかを知っている必要はない。通常は低コストだ。

「RPAツールに1ドル使うと、それを展開するためにさらに3〜4ドルが必要となります。だから当社が非常に競争力を持っているわけです」とサダシバ氏はいう。Irish Lifeが代理店向けに開発した電子メールサービスは、通常の問い合わせ処理時間を2.5~3時間から「1秒未満」に短縮し、リソースを40%削減したと同社は主張する。

明確にしておきたいが、これは既製のソフトウェアではない。顧客の必要に応じてカスタマイズし、自然言語処理(これも裏で構築されている)によって強化されたフローだ。

「すでに何百ものテンプレートが作成されています」とサダシバ氏は述べる。「しかし重要なのは、それらがレゴのピース、つまりビルディングブロックのようなものであるということです。当社はたくさんの新しい形やオブジェクトを作るための組み立てキットを提供しています」。

ノーコードおよびローコードだと、自社をマーケティングしている企業はたくさんある。実際、プログラマーでなくても使用でき、ソフトウェア会社が必要だと考えるものではなく、自社が必要とするものが構築できる柔軟性を持つコミュニケーションツールやそれがもたらす生産性には大きな需要がある。Ushurは投資家や顧客からの後押しを感じている。

Third Point VenturesのマネージングパートナーであるRobert Schwartz(ロバート・シュワルツ)氏は声明で、「Ushurはエンタープライズソフトウェアの最大の進歩の真っ只中にいます」と述べた。「個々に合わせた作りになっていると感じられるのに、企業に驚異的な効率をもたらす自動化。顧客が簡単かつ信じられないほど迅速に展開してメリットが得られるようなノーコード設計。本当に顧客のことを考えた上でもたらされる顧客体験。Ushurは実行力をともない、信じられないほどの仕事をしています」。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Ushur資金調達

画像クレジット:dotshock / Shutterstock

原文へ

(翻訳:Mizoguchi