マクドナルドが植物由来肉を独自開発する「McPlant」を準備中

次の記事

有望な新型コロナワクチン開発のニュースを受けZoomやPelotonの株価が急落

USA Todayによると、McDonald’s(マクドナルド)は「McPlant」という植物性プラットフォームを開発中で、2021年前半に世界中の市場に提供する予定だという。

マクドナルドは投資家会議でMcPlant独自の製法に取り組んできたことを公表した。マクドナルドの国際部門プレジデントであるIan Borden(イアン・ボーデン)氏が投資家会議で「McPlantはマクドナルドによって、マクドナルドのためだけに作られる」と述べたとUSA Todayは報じている。

ボーデン氏によれば、同社の独自製法はバーガー、代替チキン、朝食のサンドイッチなど植物性製品全般に広がる可能性があるという。

これまでマクドナルドは、植物性のバーガーやチキンに関する企業間競争に、少なくとも米国では遅れをとってきた。

ドイツ、英国、香港、イスラエル、カナダ、フィンランドなどでは、黄色のMの看板を掲げる店舗にはベジタリアン向けサンドイッチがある。

実際、カナダのマクドナルドは2019年にBeyond Meatとの連携でPLTサンドイッチの試験販売をしていた(マクドナルドに以前あったMcDLTサンドイッチのプレーオフだろう)。

米国内の他のファストフードチェーンと比較すると、マクドナルドの動きは遅かった。バーガーキングはImpossible Foodsの協力を得てImpossible Whopperを発売した。Beyond Meatはケンタッキーフライドチキンと組んで植物性ナゲットを提供している。

代替タンパク質の主要メーカーであるImpossible FoodsとBeyond Meatは、これまでファストフード市場を順調に切り開いてきた。しかしマクドナルドが独自製法で参入すれば、両社にとって(そしてマクドナルド帝国に食い込もうとしていた他のスタートアップにとっても)打撃となるはずだ。

チリのNot Companyや香港のGreen Monday Holdingsの両スタートアップは、マクドナルドの植物性パティ事業を狙って争っていた。

カテゴリー:フードテック
タグ:McDonald代替肉

画像クレジット:Bloomberg / Getty Images

原文へ

(翻訳:Kaori Koyama)