Apple Mac Event(イベント)

日本時間11月11日午前3時開催、アップルの「One More Thing」イベントに期待するもの

次の記事

ソニーがZMPとの合弁会社エアロセンス製国産ドローン「AEROBO」の導入法人パートナーを募集

Apple(アップル)がWWDCで大々的にApple Silicon搭載Macの発表を行ってから5カ月が経ち、いよいよ今週のビッグイベントで最初のモデルが登場することを声高に宣言している。どのモデルが、どのようにアップグレードされるか、何カ月も噂されているが、まだ明らかになっていない。

ここ数カ月の間、アップルは小規模なイベントを数多く開催してきたが、今回が同社にとってホリデーシーズンが本格的に始まる前の最後のイベントであることも注目に値する。つまり、待ちに待った製品が靴下やクリスマスツリーの下に置かれるのに間に合うように到着するかもしれないということだ。

まず明らかなのは新しいMacが登場するということだ。アップルは6月に、ARMベースのチップを搭載した最初のモデルが2020年に発売されることを認めている。この件に関して、同社の公式は発表をはるかに上回る数多くの噂が飛び交っている。iMacや他のモデルも示唆されているが、今週のイベントでは特に2台の新しい13インチノートパソコン、つまり新しいMacBook ProとMacBook Airが登場するのではないかと考えられているようだ。

先週のBloombergの報道では、2020年のiPhone 12とiPad Airに搭載されているのと同じA14をベースにしたチップの詳細が紹介されている。アップルはこの新チップが「業界をリードするパフォーマンスと協力な新技術を提供する」と豪語している。その他の利点としては、電力効率やバッテリー寿命の向上、セキュリティや機械学習などのモバイルデバイス向けに開発された機能などが挙げられている。

同社は、ファーストパーティのシリコンに完全に移行するための2年間の計画を明言していることを覚えておいてください。つまり、私たちはiMac(これはかなり最近になって1つを受け取った)、Mac miniやMac Proへの大きなアップデートを見ることはできそうにないということだ。

ハイエンドモデルである16インチMacBook Proのアップグレード版の発表も今回のイベントで予定されているかもしれないが、アップルは長い間噂されていたiMacと合わせて再設計に着手しているようだ。同社はファーストパーティーのApple Siliconへの完全移行が2年間の計画であることを明言しており、iMac(2020年夏に新モデルが発売)、Mac mini、Mac Proが大幅にアップデートされることはなさそうだ。

そしてもちろん、新しいソフトウェアも発表されるだろう。アップルは6月のイベント以来、macOS Big Surのリリース日を発表していない。つまりmacOS 11.0が配信されるのはほぼ確実だろう。ここ数年間のデスクトップ用OSにおける最大のアップデートの1つとして、macOS Big SurはMacにいくつかの重要なデザイン変更と新機能をもたらしてくれる。

繰り返しになるが、これがホリデーシーズン前のアップル最後のビッグイベントであることを考えると、我々は1つか2つのMac以外の発表を見られる可能性が高いように思える。最も確度が高い候補は、私たちがここ数カ月間、すべてのアップルのイベントに向けて議論してきたもの、つまりAirTagsとAirPods Studioだ

最近のiPhoneイベントは、HomePod miniの登場と一緒にオーバーイヤーヘッドフォンを発表するには絶好のタイミングにように思えたが、この製品は製造上の問題に直面していると報じられている。現在、市場で最もよく売れているオーバーイヤーヘッドフォンブランドであるBeatsを所有していることを考えると、これは驚くべきことだ。しかし早々に壊れてしまうものよりも、発売が遅くなったほうがいい。

AirTagsは、長い間噂されてきたTileのライバルだ。これはAirPods Studioよりも長く噂リストのトップにあった。現在は間違いなく、発表するのにいいタイミングだ。

現時点での噂リストはここまで。アップルの「One more thing」Mac イベントは米国時間11月10日午前10時(日本時間11月11日午前3時)から始まる。

関連記事
Apple Silicon搭載Macついに登場か、アップルの次のビッグイベントは米国時間11月10日
アップルがARMベースのMac用独自プロセッサーの開発を正式発表

カテゴリー:イベント情報
タグ:AppleApple SiliconMacApple Mac Event

画像クレジット:Apple

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)