Airpeak
AI

ソニーがAIロボティクス領域のドローンプロジェクト「Airpeak」始動、2021年春に事業開始

次の記事

自動運転配達のNuroが新たに約526億円調達、ソフトバンクも追加出資

ソニーは11月9日、AIロボティクス領域における、ドローンに関する新プロジェクト「Airpeak」(エアピーク)の開始を発表した。2021年春の事業開始に向けて準備を進め、近日中に、同活動に参画を希望するプロフェッショナルサポーターの募集を開始する予定。

同プロジェクト情報は「Airpeakウェブサイト」で随時アップデート予定。

同社は、イメージング&センシング技術や、リアリティ、リアルタイム、リモートの「3Rテクノロジー」を活用し、ドローンのさらなる発展や最高峰の価値創出に貢献するという志を込め、ブランドを「Airpeak」(エアピーク)と命名したという。

Airpeakは、映像クリエイターの創造力を余すことなく支援し、エンタテインメントのさらなる発展に加え、各種産業においても一層の効率化や省力化に寄与することを目指す。

また、これまでドローンの活用が困難だった環境においても最高水準の安全性、信頼性により安心して利用できるよう、プロジェクトを推進する。

ソニーは今後、プロジェクト関連情報を継続的に発信するとともに、Airpeakの体験機会を通じてドローンユーザーからフィードバックを得る共創活動を重ね、2021年春の事業開始に向けて準備を進める。また近日中に、同活動に参画を希望するプロフェッショナルサポーターの募集を開始する予定。
関連記事
ヒュンダイがBoston Dynamics買収でソフトバンクと交渉中と報道
カメラと接続性がアップグレードしたDJIの人気超小型ドローンの新モデルMavic Mini 2登場
インスタ映えする空撮スポットをめぐるドローン愛好家向け「飛騨高山の自然を独り占め空撮ツアー」開催
ドローン動画「A World Artists Love」のアニ・アコピアン監督が語る制作秘話
ソニーがAIチップ内蔵の画像センサーを製品化
ソニーが中国エンタメ企業のビリビリに約430億円を投資
水中ドローンによる船底点検の実証実験、人間の代替として「実用性あり」

カテゴリー: ドローン
タグ: AirpeakSony / ソニー(企業)日本