アップルの新チップとMacは投資家を興奮させられなかった

次の記事

PlayStation 5レビュー、次世代コンソールは優秀だが慌てて手に入れる必要はない

ショーの終了時に、その価値が1985ビリオンドル(1兆9850億ドル、約208兆6000億円)だったApple(アップル)のMacイベントは、時価総額「2000ビリオン」、一般的な表現なら2トリリオン(2兆ドル)の勲章を得るために必要な最後の15ビリオンドル(150億ドル、約1兆6000億円)をもたらすことができなかった。

Appleの新M1プロセッサー一新されたノートパソコン製品群に目を光らせるだけでなく、会社の発言とともに変わる企業価値にも注目していた。アップルが世界の注目を欲しがるとき、私たちの疑問はいつもこれだ。会社が何を発表するかによって、市場が会社を見る目は変わるのか、その結果、価値は変わるのか?

答えはほぼ常に「ノー」だ。おそらくこれはアップルの新製品ラインの追加ペースが遅くなり、代わりに大きくて高価なiPhoneを作るようになって、いっそう明白になった。前者よりも後者をモデル化するほうが簡単なので、ほとんどの製品ニュースは、実際のデモを私たちが見る時のアップルの価値に織り込まれている気がする。

この日も例外ではなかったが、私は興味をもって臨んでいた。アップルが期待通り自社製チップを搭載した新しいコンピューターをたくさん発表したらどうなるだろうか?ハードウェア売上の利益率が良くなる可能性は投資需要と会社の価値を高めるのだろうか?

結果はといえば、答えは「ノー」だった。


アップルのイベントは太平洋標準時午前10時、上のグラフでは1pmに始まった。

発表中、アップルの価値は揺れ動き、まず、新MacBook Airのデモに向けて少し上がった。その後株価は下がり、新型Mac Miniはその下降を止めることができなかった。新しいMacBook Proの影響も限定的のようだった。AppleのCEOであるTim Cook(ティム・クック)氏が再び登場した頃、株価はその日の元値に戻った。これをどう解釈するかは読者の自由だ。

M1チップを、大手チップ会社としてのアップルの未来を、あるいはクパチーノ初の新型コンピューターを、「あなた」がどう思うかに関わらず、少なくとも投資家が新しい製品ラインに驚くことはなかった。

これでもIntelについて私たちがいえることよりも多い。アップルがM1テクノロジーを発表したその時から、同社にとってあまり良い日ではなくなってしまった。

おそらく、Apple M1の発表を知っていたアップル株主は全員、何が起きるかIntel株主に教えることができたはずだ。そうすればIntelのメンツも少しは保たれただろう。

ともあれ、アップルのホリデー製品群は出揃ったようだ。世界的都市封鎖が再び日常になる時、果たしてどんな売れ行きをみせるのか注目だ。おそらく前四半期の売行き不調を取り返すことはできるだろう。

関連記事
ARMベース「Apple M1」搭載MacBook Air、MacBook Pro、Mac miniが11月17日発売
アップルがM1チップ搭載した新型Mac Miniを発表
新型MacBook AirはApple M1を搭載しバッテリー効率向上、10万4800円から
新型13インチMacBook Proは新M1チップ搭載し、13万4800円から
Apple Siliconファミリー初のチップ「M1」が登場
アップルがARMベースの独自SoC「Apple M1」を発表
ARMベースMac発表イベントで、アップルの懐かしいCMに出ていた「私はPCです」氏が再登場
新macOS Big Surは米国時間11月12日に提供スタート

カテゴリー:ハードウェア
タグ:AppleApple SiliconMacApple Mac EventApple M1

画像クレジット:Apple

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook