Slingboxの全デバイスが2年後に動作しなくなる

次の記事

飲食店の空席を有効活用、コロナ禍を乗り越えるための新たなワークスペースサービスとは?

主要テレビ局が自前のストリーミングアプリを作る前は、スマートフォンでテレビ放送を見るのは難しかった。

早い時期に登場した比較的シンプルな方法の1つがSlingboxだった。Slingboxをケーブルボックスとテレビの間につなぎ、ネットワークに接続すれば完了で、どこにいても自分のテレビから放送がストリーミングされる。テレビ周辺にセットアップした赤外線送信機のクモの巣が遠隔のリモコンとして動作するので、そこにいるかのようにコントロールすることもできた。

2000年代半ばには魔法のように思えた。しかし2020年になってみれば、それほど広くは使われていない。この結果、Slingbox社はSlingboxの全製品の廃止を発表した。徐々に機能を減らし、2022年11月9日に完全にサービスを停止する。

同社は発表に関するFAQで以下のように述べている。

Slingboxのサーバーは廃止発表日(2020年11月9日)の2年後に完全にオフラインになり、その時点でSlingboxのすべてのデバイスとサービスは機能しなくなります。

それまではSlingboxの大半のモデルは正常に動作しますが、視聴できるデバイスの数は着実に減っていきます。SlingPlayerアプリのバージョンが古くなったり、互換性がなくなったりするためです。

サーバーが停止するまでSlingboxを使い続けたい人はどうすればいいのか。それはちょっと厄介だ。

同社によれば(いまのところ)iPhone、iPad、古いバージョンのmacOS、Windows、AmazonのFire TVとタブレット向けのSlingPlayerアプリの提供を続けるという。しかしアップデートは期待できず、アプリが突然なくなるかもしれない。無料のAndroidアプリはまだあるが有料版はなくなり、RokuとWindows Phone(合掌)アプリもなくなっている。

もちろん、良くない予兆はここ何年も見えていた。Slingboxは2007年にEchoStarに3億8000万ドル(約400億5000万円)で買収された。2017年には新しいハードウェアの製造を中止し、衛星放送サービスのDish Networkのボックスにテクノロジーを直接統合することに主に取り組んでいた。同社のTwitterアカウントは2年近くツイートしていない。あなたのSlingboxがまだ動いているなら、代替を見つける余裕は長くてあと2年だ。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Slingboxテレビ

画像クレジット:Slingbox

原文へ

(翻訳:Kaori Koyama)