ホンダが市販車初となるドライバーの監視が不要な自動運転レベル3の「レジェンド」を2021年3月発売

次の記事

チャン・ザッカーバーグ・イニシアチブの元従業員が組織の人種差別を告発

Honda(ホンダ)はSAEレベル3機能の自動運転車を初めて量産するメーカーになったことを発表した。Honda Legend luxury sedanの完全認定済み自動運転装置付きモデルは2021年3月に日本で販売開始される。Hondaはこのニュースをプレスリリースで発表し、これは日本政府が同社の自動運転装置「Traffic Jam Pilot(トラフィック・ジャム・パイロット)」を認定したのを受けたもので、ドライバーは初めて、装置作動中実際に道路から目を離すことが許される。

同じ日本の日産自動車には、Pro Pilot Assist(プロ・パイロット・アシスト)という機能が以前からあるが、これはSAE基準のレベル2で、速度と操舵を自動制御できるが、運転席のドライバーは必要な時はいつでも手動制御に切り替えるよう常に準備しておく必要がある。SAEレベル3は、実際に無人運転であるとほとんどの専門家が感じられるカテゴリーに属すものでドライバーは車の制御を完全に任せることができる。レベル3はそれでも、システムの要求があった時にドライバーが代わって運転できなければならないが、レベル4、5ではその必要がない。

Tesla(テスラ)も独自の「完全自動運転」機能のベータプログラムを開始しており、徐々にテストドライバーを増やしているが、批評家によると、その名前と異なり実際には完全な自動システムではなく、規則の上でもその分類にはまだ入らないという。Hondaによる2021年3月のレベル3レジェンドの発売は、当局承認済みの量産自動運転システム初の本格的テストとして、世界中の規制当局と一般ドライバーが注目するだろう。

カテゴリー:モビリティ
タグ:Honda自動運転

画像クレジット:Honda

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook