Facebook MessengerとInstagramがにメッセージが自動消滅するVanish Mode導入へ

次の記事

新型コロナ後初の「独身の日」に中国で30億個の小包が出荷

米国時間11月12日、Facebook(フェイスブック)はMessengerとInstagramに「Vanish Mode」を導入することを発表した。これはSnapchat的な「消えるメッセージ」で、カジュアルな会話での利用を狙っている。このモードではチャットを閉じると同時にメッセージが自動的に削除されるよう設定できる。

フェイスブックの説明によれば、MessengerとInstagramのユーザーはVanish Modeでテキスト、絵文字、写真、GIF、ボイスメッセージ、ステッカーを送信できる。そして表示後にユーザーがチャットを離れると消滅するという。

画像クレジット:Facebook

Snapchatと違うところは、Vanish Modeがデフォルトの設定ではないという点だ。ユーザーは通常のチャット中にスマートフォンの画面を上にスワイプしてVanish Modeを有効にできる。

このモードを最初に起動すると、仕組みを説明する画面が表示される。またチャット中に誰かがスクリーンショットを撮るとユーザーにそのことが警告される。これはSnapchatと同様の機能だ。

またセキュリティ確保のためにフェイスブックはVanish Modeでもブロックと報告をサポートしている。会話中にユーザーが不適切なチャットを報告した場合、メッセージは最大1時間残される。これによりフェイスブックがそのメッセージをチェックし、必要があれば何らかの行動を起こすことができる。

画像クレジット:Facebook

またVanish Modeはオプトインの機能だ。つまりこのモードによるチャットに参加するかどうかユーザーが選択できる。このモードはあらかじめ連絡相手となっている相手のみに機能するとのことだ。

Vanish Modeのチャットは画面表示がダークモードになり、変更をはっきりわかるようになっている。モードを終了するときは画面上部の「オフにする」ボタンをタップすればよい。

フェイスブックがVanish Modeを準備していることは、9月のInstagramのリニューアルの一環としてすでに発表されていた。このときのアップデートには、InstagramとMessengerのアプリ間で通信をサポートしメッセージングの統合が図られたほか、いくつかの「おもしろい」機能の追加が含まれていた。

9月のアップデートではチャットの色の変更、絵文字でのリアクションなど、メッセンジャーにある機能の多くがInstagramに移植された。ただしVanish Modeは実装されず「間もなく」登場するとされていた。

画像クレジット:Facebook

念のために断っておくと、Vanish Modeはチャットの秘密化を目的としているわけではない。なるほどこのモードではチャットはエンド・ツー・エンドで暗号化されるが、フェイスブックはすでにエンド・ツー・エンドで暗号化されており、かつ一定時間後に消滅するSecret Conversationsというチャット機能を提供している。Vanish Modeの主な狙いはライバルのSnapchatが持つ「消えるチャット」という利点を削ぎ落とすことだ。

これは明らかに最近のフェイスブックの戦略の一部で、同社はすでに「ストーリー」でSnapchatの人気の機能をコピーしている。現在、フェイスブックプラットフォーム上の「ストーリー」のユーザーは5億人以上で、Snapchatの全ユーザー2.5億人よりも多い。

InstagramでVanish Modeを利用するにはオプトインして最新バージョンにアップデートする必要がある。新機能はユーザーにアップグレードにオプトインさせるための「撒き餌」かもしれない。

このアップグレードで、フェイスブックのユーザーはクロスプラットフォームでアプリ間通信ができるようになる。これはユーザーをフェイスブック環境にさらにロックインするために役立つ。将来、WhatsAppもこのクロスプラットフォーム通信戦略に組み込まれるかもしれない。

アップグレードをインストールすると、単一のメッセージングアプリでフェイスブックとInstagramといいう世界最大の2つのソーシャルネットワークで友人や家族とコミュニケーションできる。またVanish Modeなどの追加機能によりライバルのサービスにしかない機能も減少した。一方、フェイスブックはInstagramのショートビデオ機能であるReelsでユーザーがTikTokに流れるのも防止しようとしている。

フェイスブックは「Vanish Modeは米国、カナダ、メキシコ、ペルー、バングラデシュのMessengerで公開された。またカナダ、アルゼンチン、チリ、ペルー、その他数カ国のInstagramでまもなくスタートする。他の国でも両方のサービスで近々公開される」という。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:FacebookFacebook MessengerInstagram

画像クレジット:Facebook

原文へ

(翻訳:滑川海彦@Facebook