プレゼンソフトmmhmmのMac版が一般公開、学生・教員はプレミアムツールが1年無料

次の記事

Sonosが月840円のストリーミングラジオサービスを米国と英国で開始

Evernote創業者のPhil Libin(フィル・リービン)氏が開発しているプレゼンテーションソフトウェアのmmhmmが、米国時間11月12日にベータ版ではなくなった。mmhmmアプリの正式版をMacで利用できるようになっている

mmhmmは背景を変える、ビデオを再生する、画像を追加する、フィルターを使うなど、クールなエフェクトでビデオ通話を楽しめるソフトウェアだ。登場以来ずっと招待制だったが、誰でも利用できるようになった。

無料アプリのリリースと同時に、プレミアムツールも登場した。

プレミアムツールには、カスタマイズ可能なルーム、プレゼンター用コントロール、レーザーポインタなどのアドオンが含まれている。プレミアムツールは7日間無料で試用でき、試用終了後はこれらのツールを1日1時間利用できる。プレミアムツールの価格は年額99ドル(約1万400円)、または月額9.99ドル(約1050円)だが、無料でもビデオチャット、録画、コラボレーション、デフォルトの背景とシンプルなプレゼンターモードでの基本的なプレゼンテーションを利用できる。

重要なポイントとして、mmhmmはプレミアムツールを学生と教員には1年間無料で提供することにした。

正式版リリースにともない、新機能もいくつか追加されている。ビッグハンドモード(ビデオ通話参加者が目を引くビジュアルで反応できる)、mmhmmのバーチャルグリーンスクリーン表示の改善、クリエイティブサービスなどだ。

ビッグハンドモードはApple(アップル)の新しいM1チップ搭載Macでのみ動作する。

クリエイティブサービスは、mmhmmにとっての新しい収益チャネルだ。大規模イベントなどの開催者に対して高品質なオーダーメイドのサービスを提供する。

現時点でmmhmmはmacOSでのみ利用できるが、同社はWindows向けのベータ版を開発中だ。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:mmhmm

画像クレジット:mmhmm

原文へ

(翻訳:Kaori Koyama)