HIRAC FUND
サロウィン

マネ―フォワードベンチャーパートナーズのHIRAC FUNDが美容師向けシェアサロンのサロウィンに出資

次の記事

今週の記事ランキング(2020.11.8〜11.12)

マネ―フォワードベンチャーパートナーズのHIRAC FUNDが美容師向けシェアサロンのサロウィンに出資
マネーフォワードのグループ会社マネ―フォワードベンチャーパートナーズは11月13日、アントレプレナーファンド「HIRAC FUND」(HIRAC FUND1号投資事業有限責任組合)において、サロウィン(SALOWIN)への出資を発表した。

2019年7月設立のSALOWINは、美容師ひとりひとりが活躍・稼げる社会を目指し、売上80%を還元する美容師向けシェアサロンを提供。2019年9月の1号店オープンから、3店舗(原宿店・表参道店・池袋店)を展開しており、今後も渋谷、銀座など都心部を中心にさらに店舗の拡大を予定している。

HIRAC FUNDは、SALOWINの美容業界の商習慣を変革する強いビジョンとビジネスモデルに共感し、今回の出資を決定。今後は、資金面に加え、財務戦略、採用・組織づくり、営業、広報などさまざまな領域においてSALOWINを支援していく。

HIRAC FUNDは、テクノロジーによる社会課題解決を目指すシード・アーリーステージのスタートアップに特化したアントレプレナーファンド。ファンド総額は最大30.4億円(予定)で、国内外のシード・アーリーステージのIT/テクノロジー企業全般を投資対象としている。

関連記事
日本美容創生がダイアナから資金調達、美容室シェアで女性活躍の場・地域コミュニティ構築目指す
フリーランス美容師向けシェアサロンの「GO TODAY SHAiRE SALON」が10億円を調達、美容師向けSaaS拡充
高級ヘアサロン向けサイネージでインスタのSpark ARを活用した新サービスが登場

カテゴリー: シェアリングエコノミー
タグ: サロウィンHIRAC FUND美容(用語)資金調達(用語)日本