SPACE WALKERによるプレシードエクステンションラウンドの累計調達額が6億円超に到達

次の記事

データサイエンティストコミュニティ「Nishika」が8300万円を調達、特化型求人メディアも

SPACE WALKER(スペースウォーカー)は11月13日、実施中のプレシードエクステンションラウンドの資金調達において、累計調達額が6億円を超えたと発表した。10月末までに新たに松本大氏(マネックスグループ 代表執行役CEO)、谷家衛氏(あすかホールディングス 取締役会長)をはじめとする個人投資家が参加している。

プレシードエクステンションラウンドにおける新たな引受先

  • 松本大氏(マネックスグループ 代表執行役CEO)
  • 谷家衛氏(あすかホールディングス 取締役会長)
  • 胡華氏(メルカリ)
  • 井門裕貴氏(VENTURE MAFIA 代表取締役)
  • 漆原茂氏(ウルシステムズ 代表取締役社長)
  • 柏野尊徳氏(Eirene University 代表理事/代表取締役)
  • 竹林史貴氏(LOB 代表取締役社長)
  • 尾藤正人氏(UUUM 元CTO)

SPACE WALKERは、「誰もが飛行機に乗るように自由に宇宙へ行き来できる未来の実現」を目指し、サブオービタルスペースプレーン(小型衛星の打ち上げ)の設計・開発、運航サービスの提供を目的に2017年12月に設立。今回プレシードエクステンションラウンドで調達した資金は、主にサブオービタルスペースプレーンの技術実証機「WIRES」(WInged REusable Sounding rocket)の設計・開発・製造および商用機の基本設計に活用する。

関連記事
アクセルスペースが日本初の超小型量産衛星4機の打上日を2021年3月20日予定と発表
九州大学発の宇宙領域スタートアップ「QPS研究所」が総額8.65億円の追加調達
水を推進剤とする衛星用超小型推進機の実用化を手がけるPale Blueが7000万円を調達
スペースデブリ問題に取り組むアストロスケールがシリーズEで累計210億円を調達
ポーラとANAが宇宙でも使える化粧品を共同開発、2023年の商品化を目指す
日本の宇宙開発スタートアップispaceが月着陸船「HAKUTO-R」の最終デザイン公開、2022年の初ミッションに向け
小型衛星打上機の開発を手がけるSPACE WALKERが総額3.25億円を調達
堀江貴文氏語る「日本が世界に勝てるのは宇宙とロボティクス、今が大チャンス」
あと9年で僕たちは宇宙に行けるかもしれないーー民間による有人宇宙飛行を目指すSPACE WALKER発足

カテゴリー: 宇宙
タグ: SPACE WALKER(企業)資金調達(用語)日本