MirantisがKubernetesのIDEであるLensに拡張API導入、新たなKubernetes配布系発表

次の記事

Pythonの生みの親グイド・ヴァンロッサム氏がオープンソースに積極的になったMicrosoftに入社

この夏、Dockerのエンタープライズ事業のオーナーであるMirantisは、Kubernetesのクラスターを管理するためのIDEのようなデスクトップアプリケーションLensを買収した。その際、MirantisのCEOであるAdrian Ionel(アドリアン・イオネル)氏は、モダンなアプリケーションをすばやく作ることができるツールをエンタープライズに提供したい、と語っていた。米国時間11月12日、同社はその方向に新たな一歩を踏み出す、Lensの拡張APIを立ち上げた。これによりLensの能力が最初に比べて格段に向上する。

MirantisはLensのアップデートに加えて、k0sという新しいオープンソースプロジェクトも発表した。同社によると、それは「モダンで100%アップストリームの、特別な機能は何もないシンプルなKubernetesディストリビューションで、妥協のない設計とパッケージングが行われている」という。

k0sは、カーネル以外ではOSへの依存性もない最適化された単一のバイナリだ。アップストリームのKubernetesをベースとするk0sは、IntelとArmのアーキテクチャをサポートし、Linuxホストのすべて、またはWindows Server 2019のワーカーノードで動く。このような要求を元にチームは、k0sはローカルな開発クラスターやプライベートなデータセンター、通信事業者のクラスター、ハイブリッドクラウドのソリューションなど、 事実上どんなユースケースにも使うことができると主張している。

「Kubernetesが使われるさまざまなユースケースのための、モダンで堅牢で多芸なベースレイヤーを作りたかった。何も余計な部分のないアップストリームのKubernetesを利用して、典型的なクラウドベースのデプロイメントから多様なエッジやIoTのケースに至るまで、それらのさまざまなユースケースに十分対応できる多芸なシステムだ。私たちのこれまでの経験から、OSのディストリビューションが違うたびにメンテナンスとセットアップとパッケージングが違うというものにはしたくなかった。そこでパッケージングのモデルは単一のバイナリにして、debやrpmなどパッケージングのフレーバーの違いにわずらわされることなく、コアな問題に集中できるようにした」とMirantisの上級主席技術者でk0sを開発したJussi Nummelin(ユシ・ヌンメリン)氏は述べている。。

もちろんMirantisも、ディストリビューションのゲームにちょっと参戦したことがある。同社初期となる2013年には、初期のメジャーなOpenStackディストリビューションの1つを、結局開発してしまった。

画像クレジット:Mirantis

Lensといえば、その新しいAPIは来週、KubeConにタイミングを合わせたかのようにローンチし、開発者が自分のサービスを拡張して、Kubernetesを統合した他のコンポーネントやサービスをサポートできるようになる。

Lensのオープンソースプログラムを共同で創始し、いまではMirantisの技術長であるMiska Kaipiainen氏(ミスカ・カイピアイネン)は次のように語っている。「拡張APIはテクノロジーのベンダー間のコラボレーションを可能にし、Lensをクラウドネイティブな開発のための機能が完全に揃ったIDEにする。そしてそれをさらに、限りなく拡張強化できる。あなたがベンダーなら、Lensが何万人ものKubernetesデベロッパーに到達できる最良のチャンネルを提供し、製品のこれまで存在し得なかったような流通と配布が可能になる。それと同時にLensのユーザーは、高品質な機能と技術および統合を、前よりずっと容易に享受できる」。

同社はすでにCNCFの人気プロジェクトとクラウドネイティブのエコシステムの中のベンダーたちと協力して、それらとの統合を作っている。それにはKubernetesのセキュリティのベンダーAquaとCarbonetesや、APIのゲートウェイメーカーAmbassador LabsとAIOpsの企業Carbon Relayが含まれる。VenafiやnCipher、Tigera、Kong、そしてStackRoxなども、彼らの機能拡張に取り組んでいる。

「Lensへの拡張APIの導入はKubernetesのオペレーターとデベロッパーにとってゲームチェンジャーだ。なぜならそれは、クラウドネイティブツールのエコシステムを育て、ユーザーは超簡単にそれらを、Kubernetesのコントロールのフルパワーの中で使用できる。今後はKubeLinterをLensと統合して、よりシームレスなユーザー体験を実現したい」とStackRoxのソフトウェアエンジニアでKubeLinterを開発したViswajith Venugopal(ヴィスワジット・ヴェヌゴパール)氏はいう。

関連記事
Kubernetesの統合開発環境のLensをMirantisが買収
Kubernates利用のクラウドサービス、MirantisがDocker Enterpriseを買収

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:MirantisKubernetes

画像クレジット:anucha sirivisansuwan / Getty Images

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa