​Netflixが好きな作品の発見を促すおもしろ動画のTikTok風フィードを実験中

次の記事

スタートアップ支援事業を手がけるWARCが約3億円を調達、管理部門特化型の転職サービスを強化

​Netflixはすでに、ショート動画「ストーリー」のコンセプトを、SnapchatやInstagramのようなソーシャルアプリのプレビュー機能から2018年に借用している(The Verge記事)。現在、同社はTikTokが普及させたフルスクリーンの縦型動画フィードにさらなるインスピレーションを求めている。そこでNetflixは最新の試み「Fast Laughs」で、同社の全ラインナップから抜粋したショートコメディクリップの新しいフィードを提供しようとしている。

​Netflixによると、このフィードにはオリジナルとライセンスされた番組の両方のクリップが含まれている。​また、既存のNetflixソーシャルチャンネル「Netflix Is A Joke」のビデオクリップも含まれており、現在、YouTubeTwitterFacebook(フェイスブック)、Instagramで、クリップ、長いビデオ、その他のソーシャルコンテンツを配信している。

Fast Laughsは、縦方向にスワイプしてフルスクリーンを表示し、エンゲージメントボタンを右側に配置している点でTikTokに似ている。しかし、楽しませながら時間をつぶす場所になろうとはしていない。

Netflixの多くの試みと同様に、Fast Laughsフィードの目的は、ユーザーが何か新しいものを発見できるようにすることだ。

このフィードは、ソーシャルビデオアプリのように動画に「いいね」やコメントをつけるのではなく、ユーザーがNetflixの視聴リストに番組を追加して後で視聴できるようにするためのものだ。この意味においては、人気番組や新たに配信された番組のクリップや予告編を見て番組を見つけるNetflixの「プレビュー」機能に似た目的を果たしている。

ユーザーが新しい「Fast Laughs」フィードをスクロールすると、Kevin Hartのスタンドアップ特集からのクリップや「The Office」のちょっとおかしなものなど、さまざまなクリップが表示される。クリップの長さは15秒から45秒のものになる。

​Netflixの「マイリスト」機能にクリップを追加することに加えて、ユーザーはクリップに笑っている絵文字ボタンを使って反応したり、ソーシャルメディア上の友達とクリップを共有したり、More」ボタンをタップして視聴中のクリップに関連するその他のタイトルを見ることもできる。

この機能は、英国に拠点を置くソーシャルメディアコンサルタントのMatt Navarra(マット・ナバラ)氏によって最初に発見された。彼のアプリでは、Fast Laughsはプレビューの列の前に表示され、「New!」というテキストで紹介されたという。

​NetflixはTechCrunchに対して、この実験は2020年の初めに少数のユーザーでテストされたが、11月から英国、米国およびその他の市場のユーザーを含むより広いグループで展開され始めていることを認めた。

​現在、アダルトプロフィールやその他のプロフィールがあるNetflixユーザーの一部は、iOSデバイスでのみペアレンタルコントロールなしで利用できる。​しかし、ユーザーが実験に参加する必要はなく、Netflixアプリのベータ版を使ってこの機能を見る必要もない。​Netflixはどちらかというと標準的なA / Bテストだという。

​また、これはテストであるため、ユーザーは同じ機能のわずかに異なるバージョンを目にすることがあるかもしれない。​製品は、ユーザーのフィードバックを受けて、時間の経過とともにプロダクトが進化する可能性もある。

TikTokのフォーマットを自社アプリに「借用」したサービスは。Netflixが初めてというわけではない。InstagramやSnapchatのようなソーシャルメディアプラットフォームもここ数カ月でTikTokのライバルをローンチしている。

NetflixはTikTokと直接競合するものではない。どんなモバイルアプリでもユーザーの限られた時間と注意力を奪い合うという点においては話は別だが。

むしろNetflixの新しいフィードは、全画面縦長の動画フィードと、そのサイドにクイックエンゲージメントボタンを備えるTikTokフォーマットがエンターテインメントコンテンツを提供するための一種のデフォルトスタイルになりつつあるものを認めるものだ。

「私たちは常にNetflixの体験をより良くする新しい方法を探しています」とNetflixの広報担当者は述べ、この実験を認め、さらに「ユーザーの多くはコメディが大好きであり、新しいコンテンツを発見し名シーンを楽しむのに役立つエキサイティングな方法だと考えました。私たちは、このようなタイプのテストをさまざまな国や期間で行っていますが、人々が有用だと感じた場合にのみ、広く利用できるようにしています」と付け加えた。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:NetflixTikTok

画像クレジット:Netflix/TechCrunch

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)