ギリシャ(国・地域)
Arrikto(企業)

MLOpsの自動化プラットフォームArriktoが10.5億円調達

次の記事

Airbnbが上場申請、2020年第3四半期の回復は驚異的

エンジニアとデータサイエンティストがデータをコードのように扱うことによって、機械学習の開発ライフサイクルをスピードアップするArriktoは、米国時間11月16日、ステルスを終えて1000万ドル(約10億5000万円)のシリーズAを発表した。このラウンドはUnusual Venturesがリードし、UnusualのJohn Vrionis(ジョン・ブリオニス)氏が取締役会に加わった。

「Arriktoの技術により企業は、機械学習のアプリケーションの実装と管理にともなう複雑性を克服できる。弊社は、エンド・ツー・エンドの機械学習パイプラインのセットアップを極めて容易にする。もっと具体的にいうと、我々はMLのモデルのプロダクション向けの構築と訓練とデプロイをKubernetesを利用して容易にし、すべてのデータをインテリジェントに管理する」とArriktoのCEOで共同創業者のConstantinos Venetsanopoulos(コンスタンティノス・ヴェネツァノプロス)氏は説明する。

現在、デベロッパー中心のプラットフォームの多くがそうであるように、Arriktoも「シフトレフト」(前倒し)がすべてだ。同社によると、現状では機械学習チームとデベロッパーチームが同じ言葉で話をしていない。むしろ、別々のツールを使ってモデルを作り、それをプロダクションに導入している。

画像クレジット:Arrikto

「DevOpsがデプロイメントをソフトウェア開発ライフサイクル中のデベロッパーへシフトレフトしたように、Arriktoはデプロイメントを機械学習ライフサイクル中のデータサイエンティストにシフトレフトする」とヴェネツァノプロス氏は説明する。

Arriktoはまた、機械学習の実装を多くの企業にとって困難にしている技術的障害を減らすことも狙っている。ヴェネツァノプロス氏によると、Kubernetesが企業、シンプルでスケーラブルなインフラストラクチャの形を見せたように、Arriktoは、MLのプロダクションパイプラインのシンプルな形を見せる。しかもそれを、Kubernetesネイティブなやり方で行う。

ArriktoのCEOであるコンスタンティノス・ヴェネツァノプロス氏。(画像クレジット:Arrikto)

ArriktoのコアにはKubeflowがある。それはGoogle(グーグル)で生まれたKubernetes用のオープンソースの機械学習ツールキットだ。そして多くの点でArriktoは、Kuberflowのエンタープライズ対応バージョンと考えることができる。また同社が開発したMiniKFはKubeflowをラップトップで動かせるようにし、そのためにKaleを利用している。それによりエンジニアは、自分のJupyterLabノートブックからKubeflowのパイプラインを構築できる。

ヴェネツァノプロス氏によると、Arriktoの技術は3つのことを行う。 Kubeflowのデプロイと管理を単純化して、データサイエンティストが既知のツールでそれを管理できるようにし、データサイエンスのためのポータブルな環境を作って、複数のチームやクラウドにまたがるデータバージョニングとデータ共有ができるようにする。

Arriktoが2015年にギリシアのアテネでローンチしたときは、ほとんど報道もされなかったが、共同創業者のヴェネツァノプロス氏とCTOのVangelis Koukis(ヴァンゲリス・コウキス)氏はすでに、そのプラットフォームを複数の大企業に採用させることに成功していた。Arriktoの現在の顧客は100社あまりで、名前を具体的に挙げないが、ヴェネツァノプロス氏によると、世界最大の石油や天然ガス企業も含まれている。

また、アテネとスタートアップハブは結びつかないかもしれないが、ヴェネツァノプロス氏によるとそれも変わりつつあり、現在では多くの才能が育っているという。ただしArriktoは、今回の資金でシリコンバレーに営業とマーケティングのチームを置くつもりだ。「ギリシャは人材も大学も最上級だが、未開拓だ。競争のないことが、私たちに幸いしているかもしれない」とヴェネツァノプロス氏はいう。

「エンタープライズは、クラウドネイティブなソリューションを利用して機械学習を有効に使おうとしている。いまそこに、強力な市場機会がある。Arriktoは、データとモデルとコードのライフサイクル全体をカバーするMLOpsへの革新的で全体的なアプローチを採用している。データサイエンティストたちは、エンジニアリングのチームがいなくても、自分たちが力を持ち、自動化とコラボレーションを増強して、市場化までの時間を加速できる」とUnusualのブリオニス氏はいう。

カテゴリー:人工知能・AI
タグ:Arrikto資金調達ギリシャ

画像クレジット:Vithun Khamsong / Getty Images

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa