マーク・ザッカーバーグ(人物)

マーク・ザッカーバーグ氏とジャック・ドーシー氏が再び米国議会に召喚、今回は選挙について

次の記事

ワイン愛好家の日常を大きくアップグレードするAveineのスマートワインエアレーターが登場

迫りくる召喚の脅威屈した後、テック界最大級の巨人2人が再び議会で厳しい追及を受ける。

米国時間11月16日、上院司法委員会はTwitter(ツイッター)のJack Dorsey(ジャック・ドーシー)氏とFacebook(フェイスブック)のMark Zuckerberg(マーク・ザッカーバーグ)氏を召喚し、再び数時間にわたるであろうさまざまな苦情の放映を主催する。このラウンドでは、共和党議員らが公聴会を開き、「検閲、抑圧、および2020年選挙」についてテック界の大物2人に圧をかける。公聴会は選挙前に予定されていたもので、両プラットフォームが、次期大統領となったJoe Biden(ジョー・バイデン)氏と息子のHunter Biden(ハンター・バイデン)氏を巡るウクライナ疑惑を示唆すると称するリーク情報を掲載したNew York Postのあやしげな記事(未訳記事)の配信を制限する決定を下したことがきっかけだったと思われる。

もし前回の公聴会が何かの兆候であるなら、そしておそらくそうなるだろう。17日のテック vs 議会の対決は、議題に関する2大テックプラットフォームCEOのためというよりも、議員らのさまざまなお気に入りの議題に対する超党派の独り言によって強調された反保守的バイアスに対する、共和党員らによる現在進行中の不満に関する広範囲な苦情処理の場になりそうだ。2020年10月に上院商業委員会で開かれた公聴会は通信品位法230条改訂に関するものであることが明確に示されていたが、差し迫った政策問題はほとんど議題に上がらなかった(未訳記事)。

17日は選挙後初めてのソーシャルメディア経営者が議会登場となることから、対立する政治情勢の戦いも期待できる。一方は、テクノロジーやメディアによる不当な非難を受けながら、いまだになんとか大統領候補でいるトランプ大統領。もう1つ(こちらが本物)は、選挙で圧勝したがその勝利はいまも ソーシャルメディアの誤情報にまみれている(未訳記事)次期大統領ジョー・バイデン氏。後者のシナリオは、ツイッターとフェイスブックが、迫りくる選挙後の陰謀論を統制するために編み出したさまざまな特別ツールや規則の存在にも関わらず演じられてきた。

上院司法委員会は、トランプ批判者転じて大統領に選挙の敗北を認めないよう強く勧めている共和党のLindsey Graham(リンゼー・グラハム)上院議員が率いている。裏切って選挙結果の現実を認識した共和党Ben Sasse(ベン・サス)上院議員も、ザッカーバーグ氏とドーシー氏に質問する機会を得ている。委員会の民主党議員には、上院議員のCory Booker(コリー・ブッカー)氏、Amy Klobuchar(エイミー・クロブシャー)氏、そして今や次期副大統領のKamala Harris(カマラ・ハリス)氏ら、2020年指名候補者がずらりと顔を並べているが、政権移行手続きの最中で出席する可能性は低い。

17日の進行をその目で確かめたい人は、委員会の専用ページまたはC-SPANで11月17日太平洋標準時午前7時(11月18日午前0時)から、公聴会をライブで見られる。そうでない人は(見ることをおすすめもしないが)、終了後にTechCrunchでレポートをまとめる予定だ。しかし、最後に1つ疑問が残る。YouTube(ユーチューブ)のCEOであるSusan Wojcicki(スーザン・ウォジスキ)はどうやって巻き込まれずにすんでいるのだろうか?

関連記事
Twitterがバイデン氏の息子を巡る疑わしい記事のシェア禁止を解除
次回のテック大手企業の公聴会では米通信品位法230条が争点になる

カテゴリー:パブリック / ダイバーシティ
タグ:TwitterFacebookマーク・ザッカーバーグジャック・ドーシー

画像クレジット:Bryce Durbin / TechCrunch

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook