有料コンテンツ
Webサイトビルダー

ウェブサイト構築のSquarespaceがページやコンテンツの有料会員制を実装できるコンポーネントを提供

次の記事

3Dプリンターを使ったロケット開発のRelativity Spaceが520億円調達

ユーザーが多様な目的を持ったウェブサイトを作れるようにさまざまな部品的サービスを提供するSquarespaceがこのほど、収益化のための新しい方法としてMember Areasを開発した。このMember Areasは、ユーザーサイトが有料コンテンツをウェブサイトから提供し、その会員や会費を管理していくというサービスだ。

チーフプロダクトオフィサーのPaul Gubbay(ポール・グベイ)氏によると、パンデミックの最中、企業ユーザーは「さまざまな収益化の方法を試したいと思っている」という。すでにSquarespaceのサービスを利用して商品やサービスを販売したり、アポイントをとるためにも利用できるが、「Member Areasを使うと、専門知識やコンテンツの販売ができるようになる」という。

それはもちろん、一部の記事を有料にするオンライン出版のやり方だが、例えば出版とは縁のないシェフが、料理のビデオやレシピへのアクセスを有料化することができる。あるいはフィットネスのインストラクターがオンラインのクラスでお金を得たいと思う場合も良いだろう。

グループプロダクトマネージャーのKimberly Lin(キンバリー・リン)氏はSquarespaceで制作したウェブサイトにMember Areasを統合するやり方を見せてくれた。これによりウェブサイトのオーナーは、さまざまなページにさまざまなアクセス要件を割り当てることができる。会費を定期的に払うページや、1回だけ払えばよいページ、そして無料で登録できるページもあるだろう。

Member Areasでは、1つのウェブサイトが多様な会員制を設けることができるし、会員のみのポッドキャストやニュースレターも可能だ。サイトの作者は各会員のCRMデータにアクセスできるため、今後提供される多様なセグメンテーションツールを利用して、独自のユーザーセグメンテーションが可能だ。

Member Areasはアドオンとして提供され、その利用料は月額9ドル(約940円)からだ。グベイ氏は、Squarespaceで作ったウェブサイトがMember Areasを統合することはとても簡単だと強調する。どんなものでも、容易に有料化できるという。

リン氏はまた、Squarespaceのウェブサイトビルダーで作ったウェブサイトに有料化のためのページを追加した場合、セキュリティとページの保護は万全だという。ビジターは、有料サービスのページのURLから直接そのサービスにアクセスすることはできない。

グベイ氏は初期の成功例として挙げるのは、自分のウェブサイトにSquarespaceを利用している宝石店で、まず彼女によるデザインアドバイスを予約制にし、次にMember Areasを制作しそこでビデオなどのジュエリー関連のコンテンツを提供している。

「何よりも重要なのは、プロダクトとマーケットの相性だ」とグベイ氏は念を押す。「今後は、ユーザーがそのことを理解するようにすることにも、私たちは関心を持たなければならないず、ユーザーをこのプラットフォームの、多様な売り手になれるところへ案内していかなければならないと考えている」と語る。

関連記事:多機能化を目指すウェブサイト構築ツールSquarespaceがオンラインアポ管理のAcuity Schedulingを買収

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Squarespace

画像クレジット:Squarespace

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa