AppleがApp Store手数料率を15%に削減、年間収益約1億円以内の小規模事業者対象

次の記事

Googleが機械学習を利用した悪夢のような「怪物ジェネレーター」を開発

Apple(アップル)は11月18日、年間収益が100万ドル(約1億円)以内の小規模事業者に対するApp Storeの手数料率を15%に削減する新プログラム「App Store Small Business Program」を発表した。2021年1月1日より実施予定で、同プログラムの全容と詳細は12月初旬にあらためて発表する予定。

  • App Storeを通じて配布中の全アプリケーションについて2020年の収益が合計100万ドル(約1億円)以内の既存デベロッパー、またはApp Storeを通じてこれから自身のアプリケーションを配布を計画している新規デベロッパは、本プログラムの対象となり手数料率が引き下げられる。
  • 同プログラムの対象となるデベロッパーの収益が100万ドルを超えた場合には、当年の残りの期間については、標準の手数料率が適用される。
  • デベロッパーの事業が不調で当年の収益が100万ドル未満に落ち込んだ場合には、翌年の手数料率は再び15%に下がる。

デジタルグッズ&サービスを販売するアプリケーションで手数料控除後の売り上げ金額が100万ドルを超える収益に達している場合は、App Storeの標準手数料率である30%が維持される。

有料アプリケーションおよびApp内課金に対する手数料率を引き下げることで、App Storeを通じてデジタルグッズ&サービスを販売する大多数のデベロッパが恩恵を受けられるとしている。

関連記事
Apple vs Epic
対Apple訴訟でEpicは優越的地位の乱用による反トラスト法違反を強く主張
フォートナイトをApp Storeに戻すように求めるEpicの要求をカリフォルニア州判事が却下
アプリメーカーがApp Storeの規約変更に向けて一丸で闘う「Coalition for App Fairness」が発足
アップルがFacebookのオンラインイベントにおけるApp Store税30%を特例時限免除、ゲーム関連は適用外
アップルがApp Storeのルールを改定、ゲームストリーミングアプリを条件付き許可、アプリ内課金を明確化
アップルがApp Storeの規約を改訂、xCloudやStadiaなどのストリーミングゲームプラットフォームには依然厳しい
アップルがEpicをApp Storeの契約違反で反訴、Epicは立証責任を果たせるか
アップルがフォートナイトを筆頭にEpic GamesのApp Storeアカウントを完全削除
裁判所がアップルにUnreal Engineのブロックを止める命令、ただしFortniteのApp Store復帰は認めず
Epicはアップルに事前通知して反アップルキャンペーンを敢行、独自iOSアプリマーケットは果たして認められるのか
アップルがUnreal Engineを含む開発ツール全面禁止予告、Epic Gamesは差し止めを申し立て
Epic Gamesに続きFacebookがアップルApp Storeの30%税に反発
Fortniteを削除されたEpic Gamesが反アップルキャンペーンを全力展開、提訴も準備
Android版FortniteもGoogle Playストアから消滅、2018年に続き二度目
大人気バトルロワイヤルゲームFortniteがApp Storeから消滅、メタバースの未来どうなる?

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:Apple / アップルApp StoreEpic Games