個人情報最大677万件が漏洩、イベント管理・チケット販売の「Peatix」が不正アクセス受ける

次の記事

ヒュンダイとAptiveの合弁会社がドライバーレス自動運転車両のテスト許可をネバダ州で取得

Peatix(ピーティックス)は11月17日、同社運営のイベント管理・チケット販売サービス「Peatix」において、第三者による不正アクセスを受け、ユーザーの個人情報最大677万件が不正に引き出された事実が判明したと発表した。詳細は現在も調査中で、新たな事実が判明次第早急に公表するとしている。

11月9日に同社保有のユーザーの個人情報が引き出されている可能性を認識し、外部調査会社による調査を実施。その結果、10月16日から10月17日にかけて発生した不正アクセスにより、「氏名」「メールアドレス」「暗号化されたパスワード」などユーザーの個人情報が最大677万件引き出された事実が判明した。詳細は現在も調査中で、新たな事実が判明次第早急に公表するとしている。

クレジットカード情報および金融機関口座情報などの決済関連情報、イベント参加履歴、参加者向けアンケートフォーム機能で取得したデータ、住所、電話会社などの情報が引き出された事実は確認されていない。

Peatixは、今回の不正アクセスの経路を遮断しセキュリティを強化した上で、11月15日にアカウントのセキュリティの万全を期すため、すべてのパスワードの再設定が必須となる措置を行った。またPeatixで利用していたパスワードと同一のものを他社サービスでも利用している場合は、念のためパスワードを変更するよう呼びかけている。

パスワードの再設定手順は、「弊社が運営するPeatix(https://peatix.com/)への不正アクセス事象に関するお詫びとお知らせ」、または同サービス「参加者ヘルプ」内「パスワードを再設定する」ページに記載されている。

また退会希望する場合、アプリでは退会できないため、PCまたはスマートフォンのウェブブラウザーを利用し退会手続きを行うよう案内。「参加者アカウントを退会する」で手順を確認できる。

Peatixサイトにログイン後、画面右上の「アカウント設定」(PC)、または「マイアカウント」(スマートフォン)を開き、アカウント設定画面の最下部にある「退会する」をクリックすると、退会可能。

関連記事
「バイオハザード」のカプコンがランサムウェア感染し、データ漏洩
人気スマホゲーム「アニマルジャム」でデータ流出、いますぐ親がすべきこととは
Zoomがセキュリティを巡る「虚偽」主張問題で連邦取引委員会と和解
ブリティッシュ・エアウェイズの個人情報漏洩に対する制裁金が252億円から27億円に減額、新型コロナの影響で
Twitterが開発者の秘密鍵やアカウントトークンの漏洩を警告
Shopifyが従業員によるデータの漏洩を発表
Twitterがビジネスユーザーの個人データ漏洩を発表
イベント管理ツールの「Peatix」、JTBと資本業務提携で地域活性化めざす
イベント管理・チケット販売のPeatix、ユーザー数210万人超・流通総額110億円に成長
イベントチケットプラットフォームのPeaTixが東京からシリコンバレーに拠点を移転。500 Startupsらから出資も

カテゴリー: セキュリティ
タグ: Peatixデータ漏洩(用語)日本(国・地域)