Housepartyに「Fortniteモード」追加、プレイしながらビデオチャット

次の記事

複数の自治体が「Peatix」不正アクセス・個人情報漏洩についてお詫びとお知らせを掲載

Epic Gamesは2019年6月に、12億5000万ドル(約1300億円)の大規模な資金調達を経て、Housepartyを買収した。最も人気があるソーシャルゲームである「Fortnite」のパブリッシャーが、ソーシャルビデオアプリに興味を持つ理由は明らかだ。

そして世界が数カ月にわたり隔離されていた現在、この取引はようやく実を結びつつある。米国時間11月18日、Epic GameはFortniteをHousepartyと統合し、ビデオチャットが可能になるとを発表した。この機能は11月18日よりPC、PlayStation 4 / 5といった一部のプラットフォームで利用できる。

画像クレジット:Epic

ユーザーはAndroidまたはiOSデバイスにHousepartyをインストールし、Epic Gamesアカウントにアプリを接続する必要がある。すると、ビデオチャットがゲームに統合される。画像はプレイヤーの顔にぴったりとトリミングされ、バーチャルな背景が追加される。このゲームはあらゆる年齢層に対応しているため、Fortniteの設定には親がビデオチャットをオフにできるといった安全機能も追加されている。

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:HousepartyFortniteEpic Games

画像クレジット:Epic

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter