倒産から再起したブロードバンド通信衛星企業OneWebが12月17日に打ち上げ再開

次の記事

Google、Facebook、Twitterが新たな検閲法でパキスタンから撤退すると脅迫

ブロードバンド通信衛星企業のOneWebが米国時間11月20日、連邦倒産法11条による保護状態を脱したと発表した。これより同社は、英国政府とインドのBharti Globalによるコンソーシアムが保有する企業になり、これまでのAdrián Steckel(アドリアン・シュテッケル)氏に代わってNeil Masterson(ニール・マスターソン)氏がCEOになる。なおシュテッケル氏は、同社取締役会に顧問として留まる。

OneWebは、650の人工衛星から成る衛星コンステレーションのための積極的な衛星打ち上げ事業に復帰したいようだ。次の打ち上げは12月17日と予定されている。同社がこれまでの3度の打ち上げですでに軌道に乗せた衛星は74基で、打ち上げは同社が3月に破産する前までに行われた。

OneWebの、英国政府とBharti Globalの合同による買収は7月に明らかになり、10億ドル(約1038億6000万円)の株式投資により、財務的苦境に立たされていた同社に復帰のめどが立った。今回の新たな契約により、同社は英国の企業として主に同地で操業を続け、同国を宇宙部門のリーダーおよびイノベーターとして位置づけるための重要な礎石になる。

同社はまた、Airbusとのジョイントベンチャーであるフロリダの生産施設が稼働を再開して、今後の打ち上げのための宇宙船の生産を継続すると発表した。計画によると衛星の打ち上げは2022年まで行い、さらに2021年の後期には一部地域への商用サービスを開始する。サービスのグローバルな拡張は、2022年を予定している。

関連記事
ソフトバンクなどからの追加資金を確保できずOneWebが破産を申請
ソフトバンクが投資を止め破産申請中の通信衛星OneWebを英政府とインドのBharti Globalが買収し再建へ

カテゴリー:宇宙
タグ:OneWeb

画像クレジット:OneWeb

原文へ

(翻訳:iwatani、a..k.a. hiwa