Lucas Film(企業)

Googleの最新ARアプリにスター・ウォーズ「マンダロリアン」登場

次の記事

新型コロナ禍でも米国の2020年末商戦ネット売上高は20〜30%超増加の見込み

Google(グーグル)は、Disney(ディズニー)、Lucasfilm(ルーカスフィルム)と組んで、スター・ウォーズのストリーミングドラマシリーズ「The Mandalorian(マンダロリアン)」を拡張現実(AR)に取り込む。米国時間11月23日、グーグルは新しいAndroid ARアプリ「The Mandalorian AR Experience」を公開した。アプリはシリーズシーズン1のハイライトシーンをARで表示し、ファンはMandalorianの足跡をたどって、Child(チャイルド)を見つけたり、Force(フォース)を操ったりできるとPlay Storeのアプリ説明に書かれている。

ユーザーはMando(マンドー)、Din Djarin(ディン・ジャリン)、Childなどと同じ道を通って、キャラクターと触れ合ったりシーンを作って友だちとシェアすることもできる。

新しいARコンテンツは11月23日から毎週月曜日に公開され、2021年10月31日までほぼ1年続く。これは過去にグーグルが行った他の「スター・ウォーズ体験」よりも長期間にわたるプロモーションだ。

画像クレジット:Google/Lucasfilm

アプリそのものはグーグルのデベロッパープラットフォームを使って拡張現実体験のARCoreを作成し、ユーザーの周囲と相互に作用するシーンを構築している。こうした没頭性の強いデザインによって、ユーザーは自分のアクションに基づく新たなエフェクトを体験できる。アプリはグーグルの新しいARCore Depth APIを活用することでオクルージョンも可能になった。これによってスマートフォンのカメラを通して見た景色にARシーンがより自然に溶け込む。

しかしながら、このアプリはグーグルの最新AR技術のショーケースであるため、どのAndroidデバイスでも動くわけではない。

同社によると、アプリは「一部の5G Androidデバイス」のみで動作し、5G Google PixelおよびGoogle Play Services for ARのアップデートを済ました一部の5G Android機が対象だ。自分のAndroidスマートフォンが対応しているかどうかは、Google Developersウェブサイトにあるリストで調べられる。他の機種にも将来対応する可能性がある、とグーグルはいう。

画像クレジット:Google/Lucasfilm

この体験には5G対応Android端末が必要ではあるが、アプリの利用にアクティブな5G接続は必要ないとグーグルはいう。つまり、必要なのは5Gそのものではなくそこに使われているテクノロジーということだ。

グーグルは過去数年間に幾度となくルーカスフィルムと組んでプロモーショナルマーケティングキャンペーンを行ってきた。これは単なる広告とは捉えられておらず、それは両社ともにそれぞれのサービスやテクノロジーを紹介する場を得られるからだ。たとえば、グーグルは2015年にGmail、マップ、YouTube、Chromeなどのアプリをユーザーがスター・ウォーズ風に改造(未訳記事)できるツールを提供した。また、スター・ウォーズコンテンツを取り込んだAR(未訳記事)とVR(未訳記事)の両方を過去数年間に提供している。

The Mandalorian AR ExperienceはPlay Storeで無料ダウンロードできる。

カテゴリー:VR / AR / MR
タグ:GoogleLucas FilmStar Wars

画像クレジット:Google/Lucasfilm

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook