ロジレス

倉庫のバックヤード業務を効率化するSaaS「LOGILESS」の「ロジレス」がシリーズAで5億円調達

次の記事

​経口補水液ベースの代替​スポーツドリンクのCure Hydrationが2.7億円調達

受注管理システム(OMS)や倉庫管理システム(WMS)など、EC事業で必須の倉庫のバックヤード業務を効率化するロジレスは11月24日、第三者割当増資により5億円の資金調達を完了したと発表した。引受先は、ALL STAR SAAS FUND、既存投資家Coral CapitalのCoral Growth。累計調達総額は5.5億円となった。

調達した資金で組織を拡大・強化していくとともにに、ECビジネスの物流業務効率化に欠かせないOMS(受注管理システム)と、WMS(倉庫管理システム)の一体型システムにあたるEC物流効率化SaaS「LOGILESS」の機能強化を進め、日本のEC業界・物流業界の発展に尽力するとしている。

ECビジネスの物流業務のうち、OMSはEC事業者が利用し、WMSは倉庫事業者が利用している。それぞれ別のシステムを利用している場合には、注文情報をシステム間で受け渡すためのCSVファイルなどの作成業務が毎日発生し、担当者の業務負荷が高く、スピーディな出荷を実現することが難しいという課題も発生する。

これら課題に対して、LOGILESSでは、ひとつのシステムをEC事業者と倉庫事業者が利用し、注文情報がほぼリアルタイムで連携されるため、土日や深夜の時間帯であっても自動で出荷指示を出せる。

またLOGILESSのシステムでは、ひとつのEC事業者に対して複数倉庫の紐づけが可能。これにより「配送地点が北海道の場合は東日本のA倉庫から、沖縄の場合は西日本のB倉庫から出荷」「常温商品はC倉庫から、冷凍商品はD倉庫から出荷」などの出荷指示が可能となる。この機能をうまく活用することで、配送コストや倉庫での商品管理コストの低減、配送リードタイム短縮を実現できる。

倉庫のバックヤード業務を効率化するSaaS「LOGILESS」の「ロジレス」がシリーズAで5億円調達

2017年2月設立のロジレスは、「物流危機からECの未来を守り、進化させる」をミッションにLOGILESSを提供。現在約300社のEC事業者と約50社の倉庫事業者が同社システムを利用中という。

関連記事
倉庫のバックヤード業務を効率化する「ロジレス」、500 Startups Japanから5000万円調達
B Dash Camp 2019 FallのPITCH ARENA優勝は複数のSaaSをつなぎ合わせるiPaaSのAnyFlow

カテゴリー:ネットサービス
タグ:資金調達(用語)ロジレス日本(国・地域)