トランプ氏は負けを認めないがバイデン氏への政権移行は進む

次の記事

インドが新たに43の中国企業アプリを禁止、安全保障の懸念を理由に

​空前の数の郵送投票で、2020年の選挙結果が出るまで例年より少し長くかかった。しかし、米国人は「選挙週間」と予想をしていたが、11月は「選挙ドラマの月」になり、各州がJoe Biden(ジョー・バイデン)氏の勝利を認定していた(npr記事)にもかかわらず、Donald Trump(ドナルド・トランプ)大統領は選挙結果をにケチをつけ、政権移行プロセスを遅らせようとする前代未聞の取り組みを始めた。

米国時間11月23日、トランプ大統領はについに選挙結果を受け入れたように見えたが、言葉はそうではなかった。それは確かに敗北宣言ではなかったが、おそらくこれまでで最も近いものだった。

​「……我が国の最大の利益のために、エミリーと彼女のチームが最初の手順に関して必要なことを行うことを奨め、私のチームにも同じことをするように話した」とトランプ氏はツイートし、GSA(米一般調達庁)のEmily Murphy(エミリー・マーフィー)長官が、ホワイトハウスは移行を阻止する決定に影響を与えなかったと明言したばかりの主張と矛盾している(Twitter投稿)ようだった。​一般調達庁は選挙結果を正式なものとし、連邦レベルでの移行を行う役割を担っている。

​バイデン次期大統領の政権移行は、障害にもかかわらず進められており、次期大統領は、新型コロナウイルス(COVID-19)を管理下に置く計画(nature記事)の一部について述べ、任命を予定している担当官の名前を挙げた(The New York Times記事)。​しかし、GSAのトップがこの移行のために630万ドル(約6億6000万円)の連邦資金を出すことを拒否したため、バイデン氏はいくつかの重要な点で手詰まりになっている。​選挙結果を認めないというマーフィー氏の極めて異例な拒否は、大統領当選者が安全な政府デバイスにアクセスし、パンデミック対応に関与している機関を含む連邦機関から説明を受けることができないようにしている。

​バイデン氏の政権移行を軌道に乗せることとは別に、トランプ大統領の発言とGSAの協力の遅れは、米国がまた別の重要な方法で前進する助けになるかもしれない。​ここ数週間、選挙に関する陰謀説がインターネットを混乱させ(未訳記事)、トランプ支持者の多くが主要なソーシャルネットワークを非難し、選挙結果をユーザーに思い出させ、一部の偽情報が厳重に取り締まられた。こうした陰謀説はトップダウンで広まることが多く、トランプ大統領は、郵便投票や投票機を使った詐欺だという根拠のない主張を叫んだ(Bloomberg記事)。

ネット上の大統領支持者たちは当分の間、この選挙に固執すると思われるが、トランプ氏の後を追う可能性は高い。少なくとも今のところ、トランプ氏は負けを認めるようだ。

カテゴリー:その他
タグ:米国大統領選挙ドナルド・トランプジョー・バイデン

画像クレジット:Photo by Mark Makela/Getty Images / Getty Images

原文へ

(翻訳:iwatani、a.k.a. hiwa