AWS障害にともない他社サービスもダウン

次の記事

インセンティブマーケティングのWeGiftが8億円相当を調達しニューヨークにも進出

Amazon Web Services(AWS)に現在障害が発生しており、多くのインターネットサービスがダウンしている。

ステータスページによると、米国時間11月25日水曜日の早くから複数のAWSサービスで問題が発生しているという。つまり、AWSに依存しているアプリやサイト、サービスもダウンしている可能性があるということだ。(たとえば今朝、私の家のRoombaは接続を拒否した)。

Amazon(アマゾン)によると、この問題は主に北米に限定されているという。同社は停止の理由を明らかにせず、エラー率が増加していることと、解決策に取り組んでいることだけを伝えた。皮肉なことに、今回のダウンはアマゾンの「Service Health Dashboardへの更新ポスト機能」にも影響を与えており、同社でさえダウンタイムから免れることができない。

これまでのところ、Adobe(アドビ)やRokuなどのAWSを利用している多くの企業が問題をツイートしている。

米TechCrunchはこの障害について、情報を更新する予定だ。なお幸運なことに、米TechCrunchにも問題は発生していない。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:AmazonAWS

画像クレジット:David Becker / Getty Images

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter