スナックミー
otuma.me

おやつのサブスク「snaq .me」のスナックミーがおつまみサブスク「otuma .me」をローンチ

次の記事

クラウド型SaaSサービス「Discoveriez」のジーネクストが総額2.6億円の資金調達

おやつのサブスクサービス「snaq .me」(スナックミー)を運営するスナックミーが、11月23日よりおつまみのサブスクリプションBOX「otuma .me」(オツマミー)の販売を開始した。

otuma .meは新型コロナウイルスの感染拡大により、自宅での「宅飲み需要」が増えたことがきっかけで誕生したサービス。2週間または4週間に1度、おつまみ7種類の入ったBOXが自宅のポストに送付される。現在用意しているおつまみは全50種類。理論上の組み合わせは1000万通りあるため、お酒の種類と掛け合わせれば長期的にも飽きずに楽しめそうだ。ちなみに会員登録時に「嫌いな食べ物」を入力できるため、それを避けたラインナップで届けてもらえるのもうれしいポイント。価格は1BOXあたり税込1980円(送料込み)。

おやつのサブスク「snaq .me」のスナックミーがおつまみサブスク「otuma .me」をローンチ

扱っている商品はsnaq .me同様、素材にこだわり人工添加物を使用せずオールナチュラルがメイン。たとえばドライスライスサーモンは北海道産の新鮮な鮭を味わえるよう、昆布・かつお・しいたけの3種の出汁と、さんま魚醤・米黒酢といったナチュラルな調味料で味付けしている。現在はジャーキーやドライフルーツなどの乾き物がメインだが、今後はレトルトや缶詰などのおつまみも加わる予定だ。

同サービスの今後の展開についてスナックミー代表取締役の服部慎太郎氏は、「snaq .meと同様にブランドを育てていきながら、食品・飲料メーカーとのコラボレーションなどとの共同開発も検討している。お酒とのペアリングに最適なおつまみやアルコールドリンクなどを開発し、晩酌の楽しみを広げていきたい」と話す。

関連記事
おやつのサブスク「snaq .me」が2.6億円を調達、設備・生産者網整備に投資
自分好みのおやつが届くサブスクサービス「snaq.me」が2億円調達
まるで“お菓子版Netflix”、サブスク型スナックBOXのsnaq .meが本格的なパーソナライズに舵取り

カテゴリー:フードテック
タグ:otuma.meサブスクリプション(用語)食品(用語)スナックミーsnaq.me日本(国・地域)