SMIC(企業)

​トランプ政権が中国最大の半導体メーカーSMICを防衛ブラックリストに追加

次の記事

麻布大学が獣医学系で国内初のVR活用教育を開始、獣医外科学実習の授業に採用

Reutersの報道によると、世界最大級のチップメーカーの1つであるSMICは、米国防総省が中国軍が所有または支配している企業として指定する予定の企業に含まれている。2020年11月初め、Donald Trump(ドナルド・トランプ)大統領は、2021年1月11日に施行予定の米国の投資家が防衛ブラックリストに載っている企業から証券を購入することを禁じる大統領令に署名した(米政府リリース)。

​SMICはReutersに対する声明で「米国政府との建設的かつオープンな交渉」を継続し、「中国軍と関係がなく、軍での使用や使用者のために製造しない」と述べている。

市場調査会社TrendForceによると、SMICは中国最大の半導体メーカーであり、世界の半導体ファンドリ市場の約4%を占めているという。​米国における同社の顧客にはQualcomm、Broadcom、Texas Instrumentsなどがある。

​現在、防衛ブラックリストには31社が登録されている(米国防総省リリース)。​Reutersによると、SMICは国防総省が追加を計画している4社のうちの1社だ。​他にはChina Construction Technology、China International Engineering Consulting Corp(中国国際工程諮詢公司)、China National Offshore Oil Corp(CNOOC、中国海洋石油集団)が計画されている。

​同社は2019年5月にニューヨーク証券取引所から上場廃止となったが、今回の決定は限られた取引量と高い管理コストが理由であり、米中貿易戦争や米国政府によるHuawei(ファーウェイ)や他の中国のハイテク企業のブラックリスト掲載とは異なると述べていた。

​SMICはすでに輸出規制の影響を受けており、主要な設備を米国のサプライヤーから購入することができない。​2020年10月初め、同社は株主に対して(Bloomberg記事)、米産業安全保障局が定めた輸出規制は、同社の生産に「重大な悪影響」をもたらす可能性があると述べていた。

​今回の大統領令と、国防ブラックリストに新たな企業が追加される可能性は、ファーウェイ、ZTE、ByteDanceなどに対して、トランプ政権が中国政府や軍との関係を理由に国家安全保障上の脅威となる可能性があると中国のハイテク企業に対して強硬な姿勢を示していることと一致している。​しかし、Joe Biden(ジョー・バイデン)氏が2021年1月20日に大統領に就任した後、現政権が行っている多くの政策の先行きは不透明だ。

​TechCrunchはSMICにコメントを求めている。

関連記事:中国最大のチップメーカーがニューヨーク証券取引所上場廃止へ

カテゴリー:ハードウェア
タグ:SMICドナルド・トランプジョー・バイデンアメリカ中国

画像クレジット:Su Weizhong/VCG / Getty Images

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)