ShockTech

飲食店向けオーダーデータプラットフォーム「LOOP」提供のShock Techが約5700万円調達

次の記事

センサー開発のLuminarがIntel子会社Mobileyeと契約、2022年の無人タクシー実現に向けLiDARを供給

飲食店向けオーダーデータプラットフォーム「LOOP」提供のShock Techが約5700万円調達

「外食業界の平均給与水準を50万円上昇させる」をビジョンに飲食業界のあらゆる問題をITで解決するShockTechは、総額約5700万円の資金調達を実施したと発表した。引受先は、TEORY、バンク・オブ・ストラテジー、メニューデザイン研究所、および複数の個人投資家。

今回調達した資金は、オーダーデータプラットフォーム「LOOP」(ループ)のさらなる開発強化に投資する。「フランチャイズチェーン展開店舗向け機能開発」「売上管理システムとの連携強化の開発」を予定しているという。

飲食店向けオーダーデータプラットフォーム「LOOP」提供のShock Techが約5700万円調達

LOOPは、モバイルオーダーを活用したオーダーデータプラットフォームを提供するサービス。来店客のスマホからQRコードを介して料理の注文を可能にするモバイルオーダーを基本機能として搭載し、「人件費の適切化」や「感染症対策」などの課題解決を実現する。

LOOPのモバイルオーダーの特徴は、キッチンディスプレイを導入している点にあるという。これにより、オーダーの振り分けや、優先順位付けなどのオーダー管理をサポート可能な上に、提供時間データを取得することが可能となる。取得した提供時間データを元に、時間帯別や商品別の提供遅延率を算出することで、飲食店の営業状況の可視化を可能としている。

またあわせて、業務支援コンサルティングを行うことで、スムーズな導入支援と店舗ごとの商品提供時間などのデータ活用を実現し、導入店舗と店舗利用者の双方が便利な世の中に導くとしている。

関連記事
クラウドキッチンプラットフォーム「cookpy」がプレシリーズAラウンドで資金調達
飲食店の空席を有効活用、コロナ禍を乗り越えるための新たなワークスペースサービスとは?
モバイル店内オーダーサービス「SelfU」に新型コロナ対策として体温管理機能が加わる
Showcase Gigがドコモと資本業務提携「d払い」ミニアプリとの連携でモバイルオーダーの浸透目指す

カテゴリー:ネットサービス
タグ:資金調達(用語)ShockTechモバイルオーダー日本(国・地域)