パブリック / ダイバーシティ
Cannabis / 大麻(用語)
Curio Wellness(企業)

女性とマイノリティが大麻薬局を開く支援する31億円の基金をCurio Wellnessが立ち上げ

次の記事

生理用品D2C「Nagi」が初のポップアップストアを表参道で開催、新色「azuki」先行販売実施

「私たちは多様性が大麻産業の要だと考えています」とCurio WMBE FundのマネージングディレクターであるJerel Registre(ジェレル・レジスター)氏はTechCrunchとの対談で語った。レジスター氏のこのプログラムに対する信念は、ファンドが取り組んでいる問題について説明していることからも明らかだ。

メリーランド州に本拠を置く医療用大麻企業Curio Wellnessが立ち上げた新しいファンドは、大麻市場に参入する十分なサービスを受けていない起業家を支援することを目的としている。Curio WMBE Fundは3000万ドル(約31億3000万円)の投資で女性、マイノリティ、障害を持つ退役軍人(Rewire News Group記事)のうち最大50人への投資を行いCurio Wellnessのフランチャイズをオープンして運営し、3年間で100%の所有権を得ることを目指している。

レジスター氏は、実績のあるビジネスモデルを通じて、より多様なオーナーシップを生み出すことが目標だという。プログラムの参加者は、資本と経営資源を利用することができる。

Curio Wellnessはメリーランド州で有名になり、市場シェアで最大の大麻栽培業者だ。2014年に設立されたこの家族経営の企業は、患者中心のアプローチに根ざした診療所を運営している。Curio WMBE FundはCurio Wellnessと法的には独立しているが、加盟店にCurio秘伝のソースを提供することを目的としている。

「女性、マイノリティ、障がいを持った退役軍人が資本にアクセスする際に直面する組織的な障壁に着目し、私たちはこの大きな経済格差への直接的な解決策を開発することにしまし。」とCurio WellnessのCEOでありMichael Bronfein(マイケル・ブロンファイン)氏はいう。「ファンドは、Curio Wellness Centerのフランチャイズ加盟者になるために必要な投資資金を必要な起業家に提供するとともに、クラス最高の事業運営を通じてその成功を保証しています」。

「成功を瓶詰めしましょう」とレジスター氏は付け加えた。彼はフランチャイズモデルをMcDonald’s(マクドナルド)に例えている。マクドナルドは、国営企業が実証済みの標準的な運営手順と継続的なサポートを運営者に提供している。

「私たちのファンドは業界の他のファンドと異なります」とレジスター氏はいう。「資格のある起業家は、最短3年で100%の所有権を得るための明確な道筋をつけることができます。他の多くのファンドは、ライセンスを取得する手段として少数民族の起業家を利用するモデルに依存している。Curio Wellnessのアプローチは、多様な起業家に権限を与え、その過程にある彼らをサポートすることで、このモデルを反転させている。投資資金で運営されているフランチャイズに何かが起こり債務不履行に陥った場合には、他のマイノリティや女性オーナーと入れ替わらなければなりません。これは、多様な起業家を支援するというファンドの最終的な使命を確実に達成しながら、ライセンシーが立ち上げに必要な財政的支援を受けることを保証するものです」。

レジスター氏は、多様性がCurio Wellnessにとっても重要だと説明する。同社200人の従業員のうち、40%が女性で半数以上がマイノリティだ。リーダーシップレベルでは、管理職の38%が女性で、44%がマイノリティコミュニティのメンバーであると認識している。

「多様性は、私たちの成功と将来に不可欠な資産であると認識しており、それがこの投資ファンドを設立することを決めた理由です」とレジスター氏はいう。

基金は2段階の支援を提供する。1つはフランチャイズ加盟者がCurio Wellness Centerを開設し、ライセンスの取得、場所の選定、従業員の雇用・トレーニングを支援するための資金を提供するものだ。開設後は管理、販売およびマーケティング、店舗運営、従業員が製品情報の更新といった継続的なサポートを提供していく。

同社は、そこをただ大麻を扱う医療機関以上のものだと考えている。そのため同社はそれらをCurio Wellness Centerと呼んでいる。

「Curioの店舗は、医療大麻を扱う薬局でこれまで人々が経験してきた以上のものであり、免許を持つ薬剤師が主導する総合的な健康の場です」とレジスター氏は説明する。「患者の健康は、私たちが行うすべてのことの中心であり、私たちが提供するさまざまな総合的な健康製品、サービス、および教育プログラムによって実証されています。医療大麻の患者体験に加えて、医療大麻カードを持っている人だけに医療体験を制限するのではなく、地域社会全体に店舗を開放しています。薬剤師主導のモデルを通じた患者第一の考え方を実践することで、私たちは正面玄関から入ってくるすべて人のための健康の追求を本当に主導することができます」。

本稿執筆時点で、同ファンドは目標額の3000万ドルの半分を調達している。同社によると、このファンドは意図的に女性やマイノリティを含む投資プールをターゲットにし、売り込み、確保したという。同ファンドは2020年末までに終了し、申請は2021年初めに開始される予定だという。

関連記事
大麻株がバイデン氏勝利で高値更新中
米国の5つの州でカナビス合法化法案が承認

カテゴリー:パブリック / ダイバーシティ
タグ:Curio WellnessCannabis / 大麻

画像クレジット:Curio Wellness

原文へ

(翻訳:TechCrunch Japan)