サイバーマンデー

サイバーマンデーの米国オンライン売上予想は史上最高の1兆3250億円

次の記事

Crezitが1.65億円調達、与信サービス構築基盤を提供する「Credit as a Service」を来春展開

2020年の感謝祭とブラックフライデーのオンラインショピング売上は2019年を大きく上回ったが、例年のショッピングの混雑を避けて新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によるソーシャルディスタンスと不況を後押しするオンラインショッピングとしてはやや期待はずれだった面もある。

そして現在、みんなの目は「サイバーマンデー」に向けられている。ここ数年4日間セール中最大のオンラインショッピングデーとなっている。Adobe(アドビ)は米国史上最大となる108億ドル(約1兆1270億円)から127億ドル(約1兆3250億円)の消費を予想しており、Salesforceの予測はその中間の118億ドル(約1兆2310億円)だ。全世界の数字は460億ドル(約4兆8000億円)になるとSalesforceはみている。

アドビによる売上の40%がスマートフォンによるという数字は、週を通じて比較的安定している。一方、小規模小売業者の利用が多いShopifyは70%に近い数字を出している。

内訳を見ると、ブラックフライデーが90億ドル(約9390億円、未訳記事)で感謝祭が51億ドル(約5320億円)というのがアドビの数字だ。そして2019年のサイバーマンデーでは94億ドル(約9810億円)が消費された

Salesforceの方が楽観的で、ブラックフライデーのデジタル売上は128億ドル(約1兆3350億円)、全世界では620億ドル(約6兆4690億円)、感謝祭の米国オンライン売上は約68億ドル(約7090億円)で全世界では304億ドル(約3兆1720億円)と予想している。

「サイバーマンデーは過去のオンライン売上の記録を軒並み破る勢いです。消費者がテレビ、おもちゃ、パソコンなどの価格が上がり始める前にディスカウントを利用することは間違いありません」とAdobe Digital InsightsのディレクターであるTaylor Schreiner(テイラー・シュライナー)氏は語った。「買い物客はクリスマスシーズンに向けて価格が高くなる前にプレゼントを買おうこという気持ちになっています」。

本誌はデータが手に入り次第数字の更新を続けていく予定だ。ちなみにアドビは、サイバーマンデー売上の29パー千Mとが太平洋時刻午後7時から11時の間(1日の仕事が終わった後)に生まれるだろうといっている。

2社の数値の違いの一部は集計方法による。アドビは米国のトップ100小売業者のうち80社の数字に基づいており、約1兆回の取引を対象としている。Salesforceは同社のCommerce Cloud(コマース・クラウド)から集めたデータを使って数十億件の買い物と数百万件のソーシャルメディアからのコンバージョンをカバーしており、それらを組み合わせてShopping Indexの分析を行っている。

両者のデータからはっきりいえるのは、サイバーマンデーは最大の日であり続けるだろうということだ。何故か?サイバーマンデーには破壊的状態が起きるからだ。ホリデーシーズンに向けた大セールはやっているがみんな仕事に戻っているので、店に行く代わりにオンラインでショッピングをする。そしてサイバーマンデーの数字は大きくなる。

長い週末の他の日と同様、売上に影響を与える要因の1つは、セールの開始がどんどん早くなっているという事実だ。しかしアドビは、多くの消費者は未だに大安売りは特定の日に設定されていると信じているという。人気の高い商品カテゴリは、パソコン(平均30%値下げ)、おもちゃ(平均20%)、家電製品(21%)、電子機器(26%)などだ。

大企業はオンラインショッピングでも最大の収穫を上げ続けている。大きな理由は、消費者にとって配達、受取り、返品などの選択肢が広いことで、購買層がものわかりのよいアーリーアダプターからより一般的でオンラインショッピングに慣れていない消費者へと移れば移るほど、その優先度は高くなる。年間売上10億ドル(約1040億円)以上の大型小売業者のコンバージョン率は、小規模事業者より平均70%高い。

それでも小企業はここ数年、さまざまなスタートアップやフルフィルメント、配送などで「Amazon(アマゾン)のようになる」ためのツールをつくるShopifyのような会社に後押しされて、追いつこうとしている。アドビによると、最新の感謝祭ショッピングホリデーであるSmall Business Saturdayには、47億ドル(約4900億円)が消費され、2019年を30.2%上回る新記録だった。そして、小企業にとっての厳しい時期が何であるかを象徴するように、今年のSmall Business Saturdayに落とされた金額は10月の1日平均より294%も多かった。

これまでにホリデーウィークエンドで235億ドル(約2兆4520億円)が消費されている。

関連記事
2020年感謝祭の米国ネットショッピング売上は前年比42.3%増の6200億円超の見込み
米国サイバーマンデーのオンライン売上高は過去最高の約1兆200億円

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Adobeネットショッピングサイバーマンデー

画像クレジット:fotog / Getty Images

原文へ

(翻訳:Nob Takahashi / facebook