Raspberry Piが過熱防止用の公式ケース向け空冷ファンをリリース

次の記事

Virgin Orbitが12月19日に宇宙への二度目の軌道飛行デモンミッションに挑戦

Raspberry Pi Foundationは米国時間11月30日、公式ケース用の空冷ファンを発表した。Raspberry Pi 4用の小さなヒートシンクと5ドル(約520円)の小さなファンの組み合わせで、公式ケースの内部で動作する。このアクセサリーはRaspberry Piの過熱を防ぐごとが期待できる。

Raspberry Piをよく知らない人のために説明すると、これはカードほどの大きさだ安価なシングルボードコンピュータで、多くのコネクタを備えている。子供に与えて端末で遊ばせたり、趣味のプロジェクトのコンピュータの頭脳として使ったりできる。

Raspberry Pi 4は最新のRaspberry Piデバイスだ。製品はRaspberry Pi 3からパフォーマンスが大幅に向上している。

しかしRaspberry Piユーザーのコミュニティは、このシングルボードコンピュータが熱くなる傾向があることに気づいた。場合によっては、デバイスがCPUの周波数を落とさざるを得ないないほど熱くなることがあるという。

この問題は、適切な換気を妨げる公式のケースを使用している場合に特に顕著だ。2019年にRaspberry Pi Foundationは、電力消費の最適化に焦点を当てたソフトウェアアップデートをリリースしている。

いくつかのケースでは問題を解決できることもあるが、すべての状況に対応する魔法のような解決策はない。一部のユーザーは、Raspberry Piのコンピューティングパワーを長時間使用する傾向がある。

大きなヒートシンクを搭載したサードパーティ製のケースもある。しかし、Raspberry Pi Foundationにはこの問題を独自に解決していなかった。

Raspberry Pi Foundationによると、CPU周波数のスロットリングを防ぐには小さなファンで十分だという。「ファンはUSBとEthernetコネクタから空気を引き込み、プロセッサーに取り付けられた小さなフィン付きヒートシンクの上を通過し、SDカードスロットを介して排気されます」と、Raspberry Pi Foundationは説明している。

これは安価で一時しのぎ的なソリューションだが、Raspberry Piの次のバージョンでは放熱性能が改善されることを期待している。

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Raspberry Pi

画像クレジット:Raspberry Pi Foundation

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter