ネットサービス
AWS re:invent(イベント)
Amazon Web Services / AWS(製品・サービス)
Amazon / アマゾン(企業)

AWSがデータストア間でデータを簡単に移動できるGlue Elastic Viewsを発表

次の記事

Facebookの暗号通貨プロジェクトLibraがDiemに名称変更

AWSは、開発者があるデータストアから別のストアへデータを移動できるようにする新しいツール、Glue Elastic Viewsを発表した

「AWS re:Invent」2020のキーノートでCEOのAndy Jassy(アンディー・ジャシー)氏は、プログラマーが複数のデータストア間でこれまで以上にシームレスにデータを移動できるようにするサービスのGlue Elastic Viewsを発表した。

この新しいサービスで、異なるサイロからデータを取得しターゲットのデータストアにコピーすることができる。このAWS ETLサービスにより、プログラマーはちょっとしたSQLコードを書けば、あるソースデータストアから別のデータストアへデータを移動するマテリアライズドビューを作成できる。

ジャシー氏は例として、依存関係をすべて処理しつつDynamoDBからデータをElastic Searchに移動し、そのデータをコピーするマテリアライズドビューをセットアップできると述べた。このようにすれば、ソースデータレイクのデータが変更された場合、移動した先のデータストアにあるデータが自動で更新されると同氏は説明した。

「データを移動できるようになれば【略】そしてそのデータをデータストア間で簡単に移動できれば、とてつもなくパワフルだ」とジャシー氏は述べている。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:AWS re:InventAWSAmazon

画像クレジット:Laurence Mouton / Getty Images

原文へ

(翻訳:Kaori Koyama)