ソフトウェア
新型コロナウイルス(用語)
Google / グーグル(企業)
アプリ / モバイルアプリ(用語)
Google Play(製品・サービス)

米Google Playが選んだ2020年ベストアプリは睡眠改善のLoóna、コロナ時代を反映

次の記事

Lucid Motorsの約73億円工場が完成、最初の高級完全電動セダンAir生産へ

その年に人気を集めたアプリを毎年発表しているGoogle(グーグル)は12月1日、ベストオブ2020アワード(Googleブログ)を発表した(Googleブログ)。驚くことではないが、Google Playのユーザー、そしてエディターが選んだ最優秀アプリには2020年がストレスの多い年だったことが反映されている。睡眠アプリの「Loóna(ルーナ)」が米国の2020年「ベストアプリ」のタイトルを獲得した。その一方でGoogle Playユーザーのみでは、ストリーミングサービスの「Disney+(ディズニープラス)」を選出した。

Loónaは2020年受賞するにふさわしいアプリだ。睡眠を改善するこのアプリは、日中に溜まり、睡眠中に増幅するネガティブな感情にユーザーが対処するのをサポートする気分転換体験を約束する。不安やストレスが大きくなるにつれ、睡眠パターンやレム睡眠の調子が狂う、とLoónaは説明する。これに対処するために、Loónaは活動ベースのリラクゼーション、ストレスを除くのに役立つストーリーテリングとサウンドを組み合わせた毎晩の「sleepscapes(スリープスケープス)」を提供する。

ユーザーが目を閉じたり居眠りしたりする他の睡眠アプリや瞑想アプリと異なり、Loónaはスマホを使いながら人々を落ち着かせることを目的としている。Loónaはまた今年「soundscapes(サウンドスケープス)」という音楽プレイリストも導入した。

画像クレジット:Loóna

2020年10月にLoónaは、サブスク利用者の毎日のアプリ(iOSでも利用できる)の平均使用時間が34分間だと明らかにした。トライアルから有料サブスクへの平均コンバージョン率は52.5%だった。しかしいまではユーザー数が50万人に達し、これまでのLoóna使用時間は3500万分を超える。バージョン2.0でLoónaは、現在のベッドタイムでのリラックスに完全にフォーカスしたアプリから、より広範なムード管理アプリに変更する計画となっており、睡眠や起床サイクルをサポートする。またパーソナライズされたコンテンツレコメンデーションも追加するという。

Loónaの他に、Google Playのエディターたちは、ミステリーを解き明かしながら「探検すべき素晴らしい世界」をプレイヤーに提供しているとして無料のアクションロールプレイングゲーム「Genshin Impact」を選んだ。miHoYo初のオープンワールドゲームは基本的な魔法、キャラクター切り替え、そして新しいキャラクターや武器、他の追加物を入手するためのガチャゲーム収益化の機能を搭載している。

しかしGoogle Playユーザーは2020年のベストゲームに「SpongeBob: Krusty Cook-Off」を選んだ。

新型コロナウイルス(COVID-19)によるロックダウンの恩恵を受けた別のアプリとしてはDisney+がある。ユーザーのベストアプリに選ばれた。このストリーミングサービスは、外出がままならなくなった家庭が子供を楽しませるのに役立った。加えて「The Mandalorian(マンダロリアン)」といった新しいコンテンツにより大人の間でもヒットした。

賞を獲得したアプリのほかに、グーグルは特筆すべきいくつかのアプリを紹介した。Chris Hemsworth(クリス・ヘムズワース)氏のトレーニングアプリ「Centr」、行動修正アプリ「Intellect」、それから「The Gardens Between」「Harry Potter: Puzzles & Spells」「Sky: Children of the Light」といったゲームなどだ。

Play Storeはまた、最高の対戦ゲーム、ベストインディーズ、ベストピックアップ&プレイ、ベストゲームチェンジャーといった独自の賞をさまざまなゲームのサブジャンルに贈った。これらの賞を獲得したアプリは「Brawlhalla」「Bullet Echo」「GWENT: The Witcher Card Game」「Legends of Runeterra」「The Seven Deadly Sins: Grand Cross」「Cookies Must Die」「GRIS」「inbento、Maze Machina」「Sky: Children of Light」「Disney Frozen Adventures」「DreamWorks Trolls Pop」「EverMerge」「Harry Potter: Puzzles & Spells」「SpongeBob: Krusty Cook-Off」「Fancade」「Genshin Impact」「Minimal Dungeon RPG」「Ord.」「The Gardens Between」などだ。

その他に人気だったアプリは、ベスト毎日のエッセンシャル、ベストパーソナルグロース、ベスト隠れた逸品、ベストファン、ベスト永遠のアプリといったカテゴリーで受賞した(Googleブログ)。「Calmaria」「Grid Diary」「The Pattern」「Whisk」「Zoom」「Centr」「Intellect」「Jumprope: How-to Videos」「Paired: Couples App」「Speekoo」「Cappuccino」「Explorest」「Loóna」「Paperless Post」「Tayasui Sketches」「Bazaart」「Disney+」「Dolby On」「Reface」「Vita」「GreenChoice」「Medito」「ShareTheMeal」などだ。

2020年ベストの映画(Googleブログ)に選ばれたのは「Bill & Ted Face the Music(ビルとテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!)」「Just Mercy(黒い司法 0%からの奇跡)」「Miss Juneteenth」「Onward(2分の1の魔法)」「Parasite(パラサイト 半地下の家族)」など。ベストの(Googleブログ)にはBarack Obama(バラク・オバマ)氏の「A Promised Land」、N.K. Jesmin(N.K. ジェスミン)氏の「The City We Became」、Tochi Onyebuchi(トチ・オンエブチ)氏の「Riot Baby」、Allie Brosh(アリー・ブロシュ)氏の「Solutions and Other Problems」、Alexis Daria(アレクシス・ダリア)氏の「You Had Me at Hola」などが選ばれた。

カテゴリー:ソフトウェア
タグ:GoogleGoogle Play新型コロナウイルスCOVID-19アプリ

画像クレジット:Google

原文へ

(翻訳: Mizoguchi