人工知能・AI
買収 / 合併 / M&A(用語)
ServiceNow(企業)
Element AI

ServiceNowが法人向けAIサービス開発のカナダのスタートアップElement AIを買収

次の記事

クアルコムの最新チップSnapdragon 888は2021年第1四半期発売スマートフォンに搭載される

クラウドベースのITサービス企業であるServiceNow(サービスナウ)は、自動化と人工知能の法人向け分野でビッグプレーヤーとなるための長期戦略遂行に向け、11月30日に重要な買収を行った。ServiceNowはカナダのスタートアップであるElement AI(エレメントAI)を買収する。

Element AIはAIのパイオニアが創業し、世界最大級のAI企業が複数投資している。これまでにMicrosoft、Intel、Nvidia、Tencentなどから数億ドル(数百億円)を調達した。Element AIの狙いはAIベースのITサービスの構築と提供だった。企業は多くの場合、そもそもがテクノロジー企業ではない。

契約条件は公表していない、と広報担当者はTechCrunchに語った。だが、価格は約5億ドル(約520億円)だったとの情報が複数ある。参考情報として、Element AIは最後の資金調達で6~7億ドル(約620~730億円)、2019年9月には1億5100万ドル(約160億円)という評価だった。

5億ドル(約520億円)でも、この取引はServiceNowにとって最大の買収になると思われる。ただ最後の資金調達時の価格と比べるとかなりの切り下げだといえるだろう。

広報担当者は、ServiceNowがElement AIを完全に買収し、AIのサイエンティストや実務担当者を含むのテック人材のほとんどの雇用を維持するが、必要な部分を統合した後は既存のビジネスを縮小すると認めた。

「今回の買収における当社の重点は、テック人材とAIの能力です」と広報担当者は述べた。これには、Element AIの共同創業者でCEOでもあるJF Gagné(JF ガネー)氏がServiceNowに加わり、同じく共同創業者のYoshua Bengio(ヨシュア・ベンジオ)博士がテクニカルアドバイザーの役割を担うことも含まれる。

彼らのチームに属していない人は、ServiceNow内で他の仕事を探す支援を受けるか、退職金の対象となる。ある情報筋によると、Element AIの約半数が影響を受ける可能性がある。

Element AIはモントリオールに本社を置く。ServiceNowの計画は「Now Platform(自動化サービスのブランド名)で顧客中心のAIイノベーションを加速」し、AIイノベーションハブを創造することだ。

最後だが重要なこととして、ServiceNowはElement AIの機能の一部の再プラットフォーム化を始めると広報担当者は述べた。「取引成立後、Element AIのほとんどの顧客との契約を順次終了する予定です」

この買収取引は、我々の時代に合った最新のプラットフォーム構築を目指す企業としての最新の動きとなる。

ServiceNowは、2019年10月にSAPから加わったCEOのBill McDermott(ビル・マクダーモット)氏の下で、SaaS企業へAIと自動化の恩恵をもたらすべく大規模な投資を行ってきた。これには、SweaglePassage AILoomそれぞれ、2500万ドル=約26億円、3300万ドル=約34億円、5800万ドル=約60億円)を含む多くの買収に加えて、より大規模なワークフロー自動化プラットフォームの定期的な更新が含まれている。

ServiceNowは2004年から始まったため、厳密にはレガシービジネスとはいえない。同社の現在の時価総額は約1030億ドル(約11兆円)だ。全ての上場企業同様、同社は「デジタルトランスフォーメーション」といえばこの会社に頼め、といわれるようなポジションを競っている。デジタルトランスフォーメーションは今年の法人向けITサービスのバズワード(流行語)だ。健康に関わる世界的なパンデミックやそれに伴って起こる何があってもオペレーションを継続するために、誰もがオンライン、クラウド、リモートでより多くのことを実行しようと急いでいる。

「テクノロジーはもはやビジネスをサポートするものではありません。テクノロジーそのものがビジネスなのです」とマクダーモット氏は今年初めに語った。SalesforceがSlackをさらって行く可能性が十分にありそうな(編集部注:米国時間12月1日にSalesforceはSlackの買収を発表した)タイトな市場で、ServiceNowは自社の領域におけるピースを埋めるためにより多くのツールを求めている。

「企業が20世紀のプロセスとビジネスモデルをデジタルに変換するための競争が進むにつれ、AIテクノロジーは急速に進化しています」とServiceNowの最高AI責任者であるVijay Narayanan(ビジェイ・ナラヤナン)氏は11月30日の声明で述べた。「ServiceNowは人々の仕事を改善するために、世代でたった一度ともいえる機会を主導しています。Element AIの強力な能力とワールドクラスの人材により、ServiceNowは従業員と顧客が創造的な思考、顧客とのやり取り、予測不能な仕事など、人間だけが得意とする分野に集中できるようにします。よりスマートなワークフローの方法です」

Element AIは、世のスタートアップにとっていつも非常に野心的なコンセプトだった。2018年にチューリング賞を受賞したベンジオ博士は、AIの専門家であるNicolas Chapados(ニコラス・シャパド)氏、Jean-François Gagné(ジャン・フランソワ・ガネー氏、Element AIのCEO)、Anne Martel(アンネ・マルテル)氏、Jean-Sebastien Cournoyer(ジャン・セバスチャン・クルノイエ)氏、Philippe Beaudoin(フィリップ・ボードワン)氏とともに会社を共同で創業した。

彼らのアイデアは、「DNAからテック企業」というわけではない企業向けにAIサービスを構築することだった。それでもテック企業との競争力を維持するためには、テック業界のイノベーションを活用する必要がある。テック企業は幅広い業界により深く参入しつつあり、企業自身も経営と成長のために高度化する必要が高まっている。つまり企業は、他社によって不意に破壊される前に、自らを破壊する必要があるというわけだ。

さらにElement AIは、同社に戦略的投資を行っているテック企業のために、または彼らと協力して仕事を進めてきた。投資家らは、自身の専門知識の一部を活用したりElement AIと協力したりして、より多くのサービスを提供し、より多くの取引を法人顧客から獲得したいと考えていた。Element AIの(時には同社と激しい競合関係にあった)投資家4社に加えて、マッキンゼーのような投資家もいた。

しかし、その姿がどのような形をとるのかが完全に明らかになったことはなかった。

昨年、Element AIの最新の資金調達について取り上げたとき、同社の顧客が実際はどこにいるのかがよくわからないと述べた。同社のウェブサイトには対象とする業種がいくつか提示されているものの、結局顧客についてはよくわからない。業種には、保険、製薬、物流、小売、サプライチェーン、製造、政府部門、資本市場が含まれている。

他にもいくつか良い点はあった。Element AIは、2018年にはAmnesty、最近ではMozillaとの共同作業から始めたAI For Good(善きことのためのAI)の取り組みで倫理的に強力な役割を果たした。実際、2018年(Element AIの創業1年後)は、AIがメインストリームの意識に影響を与えたようにみえた年でもあった。またAIは、アルゴリズムの不発、広範な顔認識、より「自動化された」アプリケーションがうまく機能しないことなどにより、やや不気味に見え始めた。倫理的な目標を設定することは間違いなく理にかなっていた。

だが、そのすべてのために独立したビジネスとしてより大きな布を必要とするような十分な針の持ち合わせがなかったようだ。Glassdoorのレビューでは、同社内の混乱についても説明されている。それは避けられなかったのかもしれないが、おそらくより大きな問題の兆候だった。

「Element AIのビジョンは常に、企業がAIを使用して人々がよりスマートに働けるようにする方法を再定義することでした」と、Element AIの創業者でCEOのガネー氏は声明で述べた。「ServiceNowはワークフロー革命をリードしており、我々は仕事の世界を人々にとってより良くするという目的に触発されました。ServiceNowは、我々の人材とテクノロジーにより今日の企業が直面している最も重要な課題に立ち向かう適切なパートナーです」

買収は2021年初めまでに完了する予定だ。

カテゴリー:
タグ:

画像クレジット:DKosig / Getty Images

[原文へ]

(翻訳:Mizoguchi