人工知能・AI
資金調達(用語)
Tsunagu.AI

ウェブエンジニア向けローコードサービスのTsunagu.AIがプレシリーズAで1億円を資金調達

次の記事

YouTubeのプレミア公開機能に予告編、カウントダウンテーマなど3機能を追加

ウェブエンジニア向けローコードサービスのTsunagu.AIがプレシリーズAで1億円を資金調達

Tsunagu.AI(ツナグドットエーアイ)は12月3日、プレシリーズAラウンドにおいて、J-KISS型新株予約権方式による総額1億円の資金調達を発表した。引受先はANOBAKA(旧社名:KVP)、East Ventures、DNX Ventures、NOW、日本スタートアップ支援1号ファンド(日本スタートアップ支援協会、フューチャーベンチャーキャピタルが運営)、個人投資家。

同社のウェブエンジニア向けローコードサービス「FRONT-END.AI」は、2019年4月のクローズドβ版のリリース以降、ウェブ制作会社・広告代理店を中心とした企業への導入が進んでいるという。調達した資金により、FRONT-END.AIのさらなる機能開発、また機械学習エンジニア、カスタマーサクセスなどの採用強化をしていく予定。

今後、利用企業への手厚いフォローを実施するとともに、新規のデータ取得・学習による精度向上に努める。20年変わっていないフロントエンド開発のワークフローを改善することによって、開発者がよりクリエイティビティを発揮できるよう支援していく。

FRONT-END.AIは、フロントエンド開発における初期工程をAIによって自動化するウェブエンジニア向けローコードサービス。複数のディープラーニングのモデルを独自に結合し、フロントエンド開発に特化した学習を行ったAIにより、ページ全体のデザインカンプ(JPEG)とウェブ用素材をアップロードするだけで、HTMLの構造および、デザイン要素の分析を行う。

分析結果から自動でコーディングを行うことで、開発初期工程にかける時間を大きく削減できる。削減した時間で、ウェブ制作会社が多くの案件を受注し、売上の最大化を追求することや、自社エンジニアが最新言語の学習など成長する機会を提供し、長期的な利益最大化を目指す取り組みを行えるとしている。

ウェブエンジニア向けローコードサービスのTsunagu.AIがプレシリーズAで1億円を資金調達

ウェブエンジニア向けローコードサービスのTsunagu.AIがプレシリーズAで1億円を資金調達

2017年4月創業のTsunagu.AIは、「ヒトとデータを繫ぐ」をコンセプトに、AIを使ったイノベーションで人々を単純作業から開放し世界を前進させるというミッションを掲げるAIスタートアップ企業。2019年12月に初のプロダクト「FRONT-END.AI」有料課金版をリリースし、サービスを提供している。

関連記事
B Dash Camp 2019 FallのPITCH ARENA優勝は複数のSaaSをつなぎ合わせるiPaaSのAnyFlow
ICC KYOTO 2019スタートアップ・カタパルト優勝はファストドクター

カテゴリー:人工知能・AI
タグ:Tsunagu.AI資金調達(用語)日本(国・地域)