フードテック
セブン&アイ・ホールディングス
代替肉 / 植物由来肉(用語)
食品(用語)

セブン&アイが大豆たんぱく活用の代替肉を使ったハンバーグ商品をイトーヨーカドーなど約500店で発売

次の記事

YouTubeが投稿前にユーザーに再考を促す機能を導入、悪意的なコメント対策で

セブン&アイ・ホールディングスは12月7日、大豆の加工品と畜肉原材料(牛肉)を原材料として使用した「セブンプレミアム 大豆ミートと牛肉のハンバーグ デミグラスソース」「セブンプレミアム 大豆ミートと牛肉のハンバーグ トマトチーズソース」(それぞれ税抜き298円)の発売を開始した。イトーヨーカドー、ヨークベニマル、ヨーク マート・ヨークフーズなど、傘下のスーパー約500店(2020年11月末時点)において順次発売する。

昨今、健康志向や環境意識の高まりに応えるため、畜肉に代わりうる原材料として「大豆ミート」を使用した商品の市場が拡大。大豆は栄養価が高く、植物性たんぱく質を手軽に摂取できる食材としても注目を集めているという。

ただし一方で、「大豆ミート」を使用した商品の味・食感に満足できず、よりおいしい商品を探しているという方も多いとしている。

今回の新商品は、本来の肉を食べているような味・食感・口当たりを再現した大豆たんぱくを活用した代替肉と、牛肉を使用することで、大豆ミートを食べたことがない方や、味に満足できなかった方にもおいしく食べられるよう、ふっくら、ジューシーに仕上げたとしている。

セブン&アイが大豆たんぱく活用の代替肉を使ったハンバーグ商品をイトーヨーカドーなど約500店で発売

関連記事
ネクストミーツの「フェイクミート」が焼肉チェーン49店舗で日本初の焼肉用代替肉として販売開始
代替肉のByond Meatが売上で大幅な予測割れ、フードサービスと消費者需要が減少
エビ・甲殻類の細胞培養肉開発スタートアップShiok Meatsに東洋製罐グループが出資
DAIZの発芽大豆由来植物肉が沖縄・ファストフードチェーンA&Wの「The ZEN SOY BURGER」で採用
動物性代替タンパク質開発企業は1500億円超を調達、微生物発酵技術に投資の波
代替肉のBeyond Meatがパック入りミートボールを全米で発売
DAIZの発芽大豆由来植物肉がフレッシュネスバーガーの「THE GOOD BURGER」に採用
Impossible Foodsが220億円超を追加調達、世界展開とポークやステーキ、ミルクなどの開発を推進
Impossible Foodsの植物肉がウォルマートで販売開始、植物肉ソーセージの流通も拡大
代替タンパク質の次なる大きな波は植物由来や細胞培養のシーフード
日本発の代替肉スタートアップDAIZ、ニチレイフーズと資本業務提携を締結

カテゴリー:フードテック
タグ:食品(用語)セブン&アイ・ホールディングス代替肉(用語)日本(国・地域)