リファレンスチェック

HRテックのROXXが2億円を調達、VCとその投資先向け「back check VC連携プラン」も開始

次の記事

バイデン次期大統領の気候変動対策はグリーンニューディールに依存しない

HRテックのROXXが2億円を調達、VCとその投資先向け「back check VC連携プラン」も開始

ROXXは12月7日、シリーズBラウンドにおいて、第三者割当増資として2億円の資金調達を実施したと発表した。引受先はOne Capital。累積資金調達総額は約24億円となった。調達した資金により、月額定額制リファレンスチェックサービス「back check」への事業投資を積極的に行うとともに、国内企業の採用活動におけるリファレンスチェックの浸透に取り組む。

また「back check」について、ベンチャーキャピタル(VC)16社との連携および、VCとその投資先向けプラン「back check VC連携プラン」の提供開始についても同時発表した。

back checkは、書類選考や面接だけでは分からない採用候補者の経歴や実績に関する情報を、候補者の上司や同僚といった一緒に働いた経験のある第三者から取得できる、リファレンスチェックサービス。back checkでは、採用予定の職種やポジションに合わせて数十問の質問を自動生成し、オンライン上で簡単にリファレンスチェックを実施可能。さらに、従来のリファレンスチェックサービスと比べて1/10程度の価格という低単価で実施できるとしている。

2019年10月に正式リリースを行い、2020年12月時点で累計導入企業数500社以上、累計対象候補者数は8000名を突破した。

HRテックのROXXが2億円を調達、VCとその投資先向け「back check VC連携プラン」も開始

同時発表の「back check VC連携プラン」は、VCの投資先であるスタートアップを対象とした特別プランで、計16社との連携も合わせて明らかにした。

back check VC連携プランの内容は、「累積調達額に応じて最大75%引きでback checkを利用可能」「採用活動コンサルティング」「採用に関する限定セミナーイベント/ウェビナーへご招待」。資金調達を経てこれから採用を本格化する企業向けにback checkを活用してもらうことで、採用のミスマッチを防ぎ、事業および組織成長における本質的な投資にフォーカスできるよう支援する。

HRテックのROXXが2億円を調達、VCとその投資先向け「back check VC連携プラン」も開始

  • 連携済みVC(2020年12月7日時点・50音順):ANRI、EastVentures、インフィニティ・ベンチャーズ、SMBCベンチャーキャピタル、F Ventures、グローバルブレイン、コロプラネクスト、サイバーエージェント・キャピタル、ジェネシア・ベンチャーズ、Skyland Ventures、W ventures、ディープコア、みずほキャピタル、三菱UFJlキャピタル、YJキャピタル/Code Republic、onecapital

関連記事
HRテックのROXXがサイバーエージェントなどから総額5億円を資金調達
「泥臭いことも全部やる」新型コロナ影響下でHRテックのROXXが9億円調達
人材採用関連サービスのROXXが月額制リファレンスチェック「back check」を正式リリース
人材紹介エージェント支援のSCOUTERがROXXに社名変更、パーソルなどから3.7億円を調達

カテゴリー:HRテック
タグ:資金調達(用語)ROXX日本(国・地域)