レジャー予約サイト「アソビュー!」運営元が総額約13億円を調達

次の記事

カーボンオフセットを推進するドイツの自動車サブスクプラットフォームfnn.autoが25.2億円調達

遊び・体験の予約サイト「アソビュー!」を運営するアソビューは12月8日、シリーズDでの第三者割当増資、および日本政策金融公庫からの融資により総額約13億円を調達したと発表した。

引受先は、経済産業省が監督する産業革新投資機構傘下のファンド運用会社JICベンチャー・グロース・インベストメンツ、ヤフーCVCのYJキャピタル、ALL-JAPAN観光立国ファンドを運営する地域創生ソリューション、奈良県・南都銀行の関連ファンドおよび金融機関系ベンチャーキャピタルである、新生企業投資、きらぼしキャピタル、三生キャピタル。

同社は2011年3月の創業以来、デジタル技術を駆使し、レジャー・観光施設やアクティビティ・体験事業者などレジャー施設のDXを推進。コロナ禍によるニューノーマルな時代において、その重要性は日増しに高まっていると指摘。

レジャー施設では、感染防止対策と通常営業を両立するため、敷地・時間あたりの入場人数の管理・制限が求められており、ソーシャルディスタンスを実現する手段として非接触決済・入場が必要とされる。また、売上・利益の影響を受ける中で、さらなる経営の効率化が急務となっているとした。

これらの課題を解決するため、同社は調達した資金を「レジャー・観光・文化施設向けDXソリューション」「アクティビティ・体験施設向けDXソリューション」の追加開発、営業・サポート体制の強化に積極的に投資する。

同社はこれからのニューノーマルな時代において、ひとりでも多くの人々におでかけや旅行などの「遊ぶ機会」を届けるべく、デジタル技術を駆使してレジャー産業の発展に貢献していく。

アソビュー!は、全国約7500店舗の事業者と提携、国内の遊び・体験プログラムを約460ジャンル・約2万2000プランを紹介しているレジャー予約サイト。

「パラグライダー」や「ラフティング」など地の利を活かしたアウトドアレジャー、「陶芸体験」「そば打ち体験」など地域に根ざす文化を活かした魅力的な体験、「遊園地」「水族館」などのレジャー施設、日帰り温泉などを紹介している。

関連記事
レジャー予約サイト運営のアソビューがJTBと資本業務提携、6億円の資金調達
ビズリーチが求人検索エンジン「スタンバイ」公開、企業は無料で求人掲載

カテゴリー:ネットサービス
タグ:アソビュー!資金調達(用語)日本(国・地域)