ソフトウェア
LINE(企業・サービス)

LINEがサービス開始以降初となるアプリ全体のUIデザインリニューアルを実施

次の記事

中国で注目が集まるオンライン医療、AlibabaとJD.comのヘルスケア部門を比較する

LINEは12月8日、アプリ全体のUIデザインをリニューアルしたと発表した。UIデザインリニューアルを含む「LINE」バージョン10.21.0以上はAndroid版から順次リリースしており、近日中にiOS版でもリリースを開始予定。

「LINE」は2011年6月23日より提供を開始し、サービス開始から10年目を迎える現在、国内8600万人が利用しているという。今回実施したデザインリニューアルの範囲はアプリ全体に及び、この10年間では最も大規模となる。

デザインリニューアルのテーマは「Simple, Wide and Bright」。アプリ全体を通して一貫した心地良い体験を提供できるよう、シンプルさを追求した。アプリ全体の配色、アイコン、フォントやレイアウトなどすべてのデザイン要素を見直しを実施。画面上部のヘッダーはネイビーを廃止し、シンボリックカラーであるグリーンの明度を上げた。これらの変更により、ひとつひとつのコンテンツが際立って表示され、多くの情報をより得やすく、必要な情報へアクセスしやすくなったとしている。

LINEがサービス開始以降初となるアプリ全体のUIデザインリニューアルを実施

LINEがサービス開始以降初となるアプリ全体のUIデザインリニューアルを実施

新デザイン

LINEがサービス開始以降初となるアプリ全体のUIデザインリニューアルを実施

従来のデザイン