ネットサービス
資金調達(用語)
東南アジア(国・地域)
中古車 / 中古車販売(用語)
Carsome(企業)

中古車市場のCarsomeが東南アジア事業で31.3億円をシリーズDで調達

次の記事

アップルが米国時間12月14日からフィットネスサブスク「Apple Fitness+」を提供、日本は未定

東南アジア最大の中古車向けeコマースプラットフォームを標榜するCarsomeは、シリーズDで3000万ドル(約31億3000万円)を調達したと発表した。資金調達はAsia Partnersが主導し、投資家のBurda Principal InvestmentsとOndine Capitalが参加した。

Carsomeによると、これは「東南アジアのオンライン自動車業界におけるこれまでで最大級のオールエクイティ資金調達の1つ」だという。シリーズDの一部は、同社のサプライチェーンを統合するためのM&Aに使用される可能性がある。

5年前にマレーシアで設立されたCarsomeのプラットフォームは、C2CとB2Cの両方のセグメントにサービスを提供しており、車両がプラットフォームに掲載される前に検査を行うことで品質を保証している。現在の従業員数は1000人で、年間7万台、車両の取引総額は総額6億ドル(約625億円)だという。

共同創設者でグループCEOであるEric Cheng(エリック・チェン)氏はプレスリリースの中で、Carsomeは現在インドネシア、タイ、シンガポールでも事業を展開しており、過去6カ月ではパンデミック以前の水準に比べて月間収益が2倍になったと述べた。同社によると、より多くの人や企業が安全上の理由から自家用車を購入していることが一因だと主張している。

Counterpoint Researchによると、新車の売上が世界中で急落している一方で、中古車の売上は特にeコマースプラットフォームにより、より急速に回復しているという。これは人々が公共交通機関やライドシェアサービスを避けたいと考えている一方で、より安価なオプションを求めていることが主な理由だ。

東南アジアの他の中古車プラットフォームには、Carro、OLX Autos(旧BeliMobilGue)、Carmudiなどがある。

カテゴリー:ネットサービス
タグ:Carsome中古車販売東南アジア資金調達

画像クレジット:Carsome

原文へ

(翻訳:塚本直樹 / Twitter)