最初の1杯が毎日無料になるBARのサブスクmellow運営のJapanFuseが資金調達

次の記事

女性を意識したウェルネスプロテインKOREDAKEが資金調達、「筋肉ムキムキ」イメージを払拭

最初の1杯が毎日無料になるBARのサブスク「mellow」提供のJapanFuseは12月9日、資金調達を発表した。引受先は、サムライインキュベート運営の「Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合」。

京浜急行電鉄とサムライインキュベートが共同運営するオープンイノベーション・コミュニティ「AND ON SHINAGAWA」(アンドオン)において提供している、起業支援プログラム「AND ON Startup Garage」の第1号出資として、JapanFuseに対してプレシード出資・成長支援が実施される。

調達した資金は、サービス基盤の構築により一層力を入れ、BAR経営者と利用者双方にとって価値あるサービスにすべく邁進する。

同社は、mellowについて、店舗経営と顧客体験の双方の視点から飲食業界の最適化を志すサービスとして位置付け。個人経営BARの集客システムにおける課題や、BAR利用者における入店・注文・決済における課題の解決を通して、飲食に関わる人々の日常がより豊かになる世界を目指すとしている。

mellowは、「自分に合ったBARの探し方がわからない」「どのようなカクテルを注文すれば良いかわからない」「お会計の料金が高そうで不安」というBAR初心者と、「客数の減少」という課題を抱える店舗側をつなぐことを目的に、加盟店において月額2000円で最初の1杯が毎日無料になるサブスクサービスおよびアプリ。

ユーザーは、各BAR店舗内で流れている音楽をはじめとしたより詳細な情報や、ユーザー属性から最適なBARをレコメンドする機能によって、自分に合ったBARを探すことができる。店舗側は、アプリへの情報掲載に加え、オンラインチケット機能を使った顧客情報管理の一元化が可能となる。

なお現在mellowでは、招待制のクローズドβ版でアプリを運営しており、横浜・みなとみらいエリアを対象としたリーン検証を実施中という。渋谷エリアでのテスト拡大の準備をしており、「iOS(iPhone)ユーザー」「横浜または渋谷に生活エリア(住居、職場など)があること」の条件に該当するテスターを募集している。詳細は、プレスリリースを参照。

AND ON SHINAGAWAは、「デジタル時代のモビリティ×ライフスタイル」を生み出すイノベーション創出に向け、モビリティやその周辺領域(=Urban Tech)に特化し、スタートアップや大企業などによる事業共創の加速を目指す「オープンイノベーション・コミュニティ」。

品川駅至近の拠点におけるスタートアップ向けのオフィススペースの提供や、ピッチイベント・ワークショップなどの開催を通じ、関係プレーヤーのネットワーク化を図っているという。

現在、AND ONには30社以上のスタートアップが会員として加入。また「AND ONパートナー」としてアセットを持つ大手企業や自治体が参画している。

京急電鉄が、東京都におけるイノベーション・エコシステム形成促進支援事業「認定地域別協議会」に品川・蒲田・羽田空港エリアの主幹事企業として認定されるなど、同コミュティは地域のエコシステムの中核として進化を続けている。

AND ON Startup Garageは、常設・出資即決型の起業支援プログラム。応募事業に対し、サムライインキュベートによる事業創造レクチャー、約1ヵ月間のメンタリングの実施、ピッチ審査を経て、サムライインキュベートが運営するファンドから最大1000万円の出資判断を行う。

出資に至った企業へはAND ONが継続的にサポートを行い、京急グループやAND ONのコミュニティ・ネットワークを活用し、1年以内の「社会実装」を目指す。

Samurai Incubate Fund 6号投資事業有限責任組合は、サムライインキュベートが2018年に組成したオープンイノベーションファンド。創業期の起業家・スタートアップへの出資・成長支援に特化しながらフォローオンも実施。京急電鉄は、同ファンドへの事業シナジーを目的とする戦略的出資を実行している。

関連記事
飲んだ日本酒からユーザー好みの日本酒を分析・提案する「サケアイ」が資金調達
サムライインキュベート6号ファンドは34.5億円、ペット用ジビエ肉、バーチャルアドレスに投資

カテゴリー:ネットサービス
タグ:酒・アルコール飲料サブスクリプション(用語)JapanFuse資金調達(用語)Mellow日本(国・地域)