イベント情報
StartupBattle Online 2020(イベント)

スタートアップバトル、グループC出場企業5社を紹介

次の記事

SpaceXのプロトタイプロケットが着陸時に大爆発、しかし飛行テストは成功

TechCrunch Japanが毎年開催するピッチイベント「StartupBattle(スタートアップバトル)」の放送日が迫ってきた。ファーストラウンドの放送は、グループAが12月14日、グループBが15日、グループCが16日、グループDのプレゼンおよびファイナルラウンドに進出する6社の発表は17日だ。そして、最終戦のファイナルラウンドは18日に放送する(それぞれ正午より、TechCrunch Japan公式YouTubeチャネルで放送)。視聴は無料だが、こちらからプレゼント抽選付きの無料の事前視聴登録もできる。

この記事では、12月16日に登場するグループCの出場企業5社を紹介しよう。

Crezit


Crezitは「信用を最適化して、人の可能性を解き放つ」をミッションとするスタートアップ。与信関連機能をサービスとして提供するCredit as a Serviceの「X Crezit」を通して、金融サービスの多様化を実現します。

ガレージバンク

「モノの価値を、みんなの力に」をミッションに、C向けセールアンドリースバック「カシャリ」を開発・運営する。所有から利用へのシームレスな切り替えによる、信用情報に頼らない新たなファイナンスの実現を目指す。

207

物流のラストワンマイルにおいて、配送効率化アプリ「TODOCUサポーター」を提供。取得した配送効率化データとギグワーカーを活用し、属人的で人材不足な物流業界へ「スキマ便」という新たな配送リソースを供給する。

QonceptSTL

QonceptSTLはスポーツに特化した高度な画像処理技術によって、 アマチュアプレイヤーでも低コストで簡単に使えるデータ計測環境を実現する。

ナップワン


「誰とでも、好きな場所で、好きな時間だけ」をキャッチフレーズに、1分単位からフィットネスクラブへ通えるアプリを提供する。対面書類手続きなどは一切不要で、アプリから登録は1度だけ。登録後、各提携施設すべてが利用可能になる。

イベント特設ページへ