Amazonが新デザインのホーム画面公開、2020年9月発売の新「Fire TV Stick」から適用開始

次の記事

スタートアップバトル、グループD出場企業5社を紹介

Amazonが新デザインのホーム画面公開、2020年9月発売の新「Fire TV Stick」から適用開始

Amazon(アマゾン)は12月10日、Fire TVシリーズの新ユーザーインターフェース(UI)に関する発表を行った。新UIは、2020年9月に発売を開始した新「Amazon Fire TV Stick」(第3世代)から段階的にリリースされる。過去のFire TV Stick含め、他のFire TVシリーズへの適用は2021年初旬から順次展開予定。また各種UIのアップデートを今後継続して行う予定としている。

新UIでは、シンプルなデザインのホーム画面を採用。画面上部では、注目の映画・テレビ番組を表示。メインメニューは画面中央に配置しており、画面下部の表示内容はメインメニューの選択項目により変化する。

Amazonが新デザインのホーム画面公開、2020年9月発売の新「Fire TV Stick」から適用開始

新たなメインメニューでは、「探す」「ライブ」「ライブラリ」「アプリ」「設定」といった項目を用意。コンテンツやアプリを探せる「探す」、ライブ配信中のコンテンツをまとめた「ライブ」、ウオッチリストなどを集約した「ライブラリ」などに素早くアクセスできるようになった。
Amazonが新デザインのホーム画面公開、2020年9月発売の新「Fire TV Stick」から適用開始

「探す」では、視聴したいタイトルが決まっている場合は、タイピングや音声入力により検索機能を利用できる。映画・TV番組・キッズ&ファミリーといった単位での検索、アクションやドラマといったカテゴリー別の閲覧も行える。

Amazonが新デザインのホーム画面公開、2020年9月発売の新「Fire TV Stick」から適用開始

「アプリ」では、お気に入りのアプリについて、表示したいものや順番をユーザーが変更可能。

また対応アプリの場合、スクロールするだけでアプリ内のコンテンツを表示できる。例えばNetflixアプリでは同サービス内のビデオコンテンツが表示され、見たいものがあれば、そこから直接視聴を開始できる。複数アプリを行き来することなく、オススメや人気コンテンツを探せる。

Amazonが新デザインのホーム画面公開、2020年9月発売の新「Fire TV Stick」から適用開始

「プロフィール」では、最大6つのプロフィールを設定可能。プロフィールごとにダウンロードしたアプリや表示順、視聴履歴、ウォッチリストなどの設定が保存される。

Amazonが新デザインのホーム画面公開、2020年9月発売の新「Fire TV Stick」から適用開始

またAlexaの定型アクションを利用し、Fire TVシリーズを操作可能になった。「1時間後にFire TV」を消してなどの操作を行える。

Amazonが新デザインのホーム画面公開、2020年9月発売の新「Fire TV Stick」から適用開始

このほかFire TV Cubeでは、Echo ShowなどのAlexa対応デバイスとのテレビ通話が可能となった。Fire TV Cubeの赤外線(IR)機能を利用し、テレビの電源・音量の調整に加えて、ユーザーは音声によりテレビのチャンネルの選定、地上/BSの切り替えを行える。

関連記事
AmazonのFire TV Cubeが双方向ビデオ通話をサポート、画面付きEchoデバイスやAlexaアプリと通話可能に
アマゾンのFire TVでもAlexa定型アクションが利用可能に
アマゾンから新「Fire TV Stick」と低価格「Fire TV Stick Lite」が登場、双方向ビデオ通話やZoom対応も視野に

カテゴリー:ハードウェア
タグ:Amazon / アマゾン(企業)Amazon Alexa(製品・サービス)Amazon Fire TV(製品・サービス)Fire TV Cube日本(国・地域)