Netflix「今際の国のアリス」とエナジードリンク「ZONe」がOpenAI利用のブラウザーゲーム公開

次の記事

衛星データ活用の宇宙スタートアップSynspectiveが災害時の浸水被害を評価するサブスク発表

Netflixとエナジードリンクブランド「ZONe」(ゾーン)は12月10日、Netflixオリジナルシリーズ「今際の国のアリス」開始を記念しコラボレーションしたブラウザーゲーム「今際の国のアナタ」を公開した。ZONeコラボ缶についている二次元バーコードをスマホで読み取り、ブラウザーを介してのみアクセスできる。Android 8以上のChrome、iOS 12以上のSafari/Chromeに対応。

ゲーム内容は、「『今際の国のアリス』の作品の中で行われる生死をかけた『げぇむ』に、もしも自分が参加することになったら」という想像の世界を、AIを使用してリアルに再現したというもの。

プレイヤーが自分で操作するのではなく、ゲーム開始直後に受ける質問の診断結果をもとに、プレイヤーの性格診断を反映し生成した分身にあたるAIが試行錯誤しながら物語を進行させる。

またこの性格診断には、汎用AI研究機関OpenAIが提供する強化学習型AIエンジンの技術を利用。プレイヤーが自分で操作するより自分らしい行動をシミュレーションし、個性に応じて試行錯誤を繰り返し、行動を決定していくため、プレイヤーによって選択や結果が異なるとしている。

Netflix「今際の国のアリス」とエナジードリンク「ZONe」がOpenAI利用のブラウザーゲーム公開©麻生羽呂・小学館/ROBOT ©ZONe All rights reserved.

カテゴリー:ゲーム / eSports
タグ:Netflix / ネットフリックス(企業・サービス)ZONeOpenAI日本(国・地域)